:2018/03/05  :2018/03/26

猫が飼い主をシャーと威嚇するのはなぜ?突然威嚇する理由について!

猫を飼い始めた当初はちょっと気に入らない事があると「シャー」とか「ウー」とか言って威嚇して来る事もありますが、月日が経って信頼関係が構築できてくると威嚇される事はなくなります。とは言いつつも、まったく威嚇されないわけではありません。大好きな飼い主であるあなたに対しても時には威嚇をしてくる事があります。

実は私も飼い始めてから8か月目の愛猫に威嚇をされました。やはり愛猫に威嚇されるとショックですよね!「こんなに可愛がっていて信頼関係もばっちりなのに何で?」と思ってしまうのと同時にショックで何だか切ないような気分にもなります。

でも威嚇するにはそれなりの理由があるのです。そこで今日は愛猫がなぜ飼い主であるあなたにも威嚇する事があるのかについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

猫が威嚇する理由

一般的に猫が威嚇する時は相手に敵対心がある場合が多いです。それ以外には恐怖を感じた時やビックリした時、あるいは縄張りに他の猫が入ってきて敵対心を見せた時とか攻撃された時などは「シャー」とか「ウー」とか言いながら毛を逆立てたりして相手を威嚇します。

基本的に猫はいきなり攻撃をするのではなく先ずは「シャー」とか低い声で「ウー」とか言いながら相手を威嚇します。その結果、相手が更に踏み込んできたりした場合には攻撃をします。ただし、威嚇で相手が自分よりも勝ってると感じた場合には逃げる場合もあります。

このように猫が威嚇するのは敵意や恐怖を感じた時です。そして威嚇の延長線上の行動は攻撃である事が多いです。

なぜ飼い主を威嚇する?

ではなぜ猫は飼い主を威嚇する事があるのでしょうか?猫好きなあなたが愛猫に対して敵対心を見せたり恐怖を感じさせる事はないはずです。でも「シャー」とか「ウー」とか言われて威嚇されるという事は何かしら愛猫に不機嫌な思いをさせているという事なのです。

理由はいろいろあると思いますが、私が先日愛猫に威嚇された時の事をお話ししますと、あの時は我が家の三番目の子の爪を切ってあげていたのですが、その時に低い声で「ウー」と威嚇されました。

どうやら抱きかかえられて爪を切られるのが嫌なようで常に逃げたがっていました。でも構わず押さえつけて爪を切り続けていたら「ウー」と威嚇されたのでした。

その後は一旦体制を変えつつ、今度はひざに座らせて爪切りを続けたのですが、やはり嫌がっていました。

最初に威嚇された時にもう8割は爪切りが終わっていたので、体制立て直し後はすぐに爪切りを終えたので2度目の威嚇はなかったのですが、もし威嚇された時そのまま爪切りを続けていたら間違えなく攻撃されていたと思います。

というのも、かなり前ではありますが、我が家の一番目の子の爪切りをしている時にも威嚇された事があるのです。

その時は威嚇されても止めないで爪切りを続けた結果、顔に猫パンチを喰らってしまったのです。しかも爪を出した状態で!

因みにですが、愛猫を抱きかかえて爪を切る体制では愛猫の顔が私の顔のすぐ横にあります。その至近距離で「シャー」と威嚇されたらちょっとビビりますね!普段は可愛い愛猫ですが、その時ばかりは「ヤバイかも」と思いますよ。

更にそこで目を合わせたら危険極まりない状況となる訳です。あとは いつ飛んでくるかもしれない猫パンチに怯える事になるのです。

言うまでもありませんが、私の頬には3本の引っかき傷が出来たのでした。

猫の気持ち!行動や仕草から知る事ができる猫の意外な気持ちとは?

愛猫に威嚇された時の対処は?

では愛猫に威嚇された時にはどうすればいいのでしょうか?私のように爪を切っていた場合には直ぐにやめる事です。そして抱きかかえてた愛猫を解放してあげましょう。

間違えても私みたいに抱きかかえた状態で目を合わせない事です。そして知らん顔して無視するのが一番です。

とにかく「シャー」とか「ウー」とか威嚇されたらその時行っている行動を一旦やめましょう。そして目を合わさずに知らん顔しましょう。そうする事で愛猫もだんだんと気持ちが落ち着いて来るはずです。

気持ちが落ち着いてきたら再びスキンシップをして信頼関係を確認すればいいのです。でもここで過剰にスキンシップするのは控えておきましょう。

猫は過剰に撫でられるのが好きではありません。ですのでスキンシップはほどほどにしておきましょう。

まとめ

今日は愛猫に威嚇された時の話でしたが、やはり愛猫に威嚇されたらショックだと思います。例え信頼関係が構築できていたと思っていても、時には威嚇される事もあります。

愛猫が威嚇する理由はいろいろあると思いますが、例えば可愛いあまり愛猫を撫でていたら威嚇された事はありませんか?

猫は基本には過剰に撫でられるのが嫌いです。最初はうっとりしていてもやがては「うざい」と思い始めます。それでも撫でていると猫パンチが跳んで来たり「シャー」と威嚇してきたりします。

でも威嚇したからと言ってあなたの事が嫌いになった訳ではありませんので、そこは理解してあげて下さいね。


スポンサーリンク