:2018/12/04 

猫はなぜ早起きなの?猫が朝方うるさく鳴いたり朝方に起こされる理由とは?

猫を飼っていると分かるのですが、日中はほとんど寝て過ごしていますが、早朝や夕方になると活発になります。猫を飼っているあなたも朝方になると愛猫に起こされたりやたらと鳴かれた経験はあると思います。私も朝の早い時間帯に頭を『ちょんちょん』と叩かれたりする事は頻繁にあります。

酷い時にはあたまをガブリとやられる事もあります。もちろん本気では噛まれませんが、朝の眠い時間帯にまるで子供がおねだりをするように起こしてくるのです。

でもなぜ猫は朝方になると活発になるのでしょうか?今回はそんな猫の不思議な習性について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)とは?

猫は一般的には夜行性と言われていますが、厳密には『薄明薄暮性』です。『薄明薄暮性』とは明け方や夕暮れの薄暗い時間帯に活発に行動する生き物の事を言います。

猫は肉食動物なのでその祖先は狩りをして暮らしていたのですが、狩りは主にまだ薄暗い朝方に行っていたのです。つ

まり朝方に狩りをするという事は活発に動く必要があったのです。今の家猫もその名残で朝方に活発に動きたがるのです。

さすがに家猫は朝になると狩りをしには行きませんが、フードを欲しがったり遊びたがったりするのです。

では朝方になるとどのような行動をするのでしょうか?

まず、大抵の猫は起きたら伸びをすると思います。背中を伸ばす事でウォーミングアップをするのです。または爪とぎなどをする猫もいます。この辺りの行動は野生時代の名残なのです。

それから走り回ったり等の活発な行動をするのです。

我が家は3匹の猫がいますが、朝方にはよく運動会をしています。その一方で昼になるとあまり活発には活動せずに寝ていることが多いと思います。

我が家でも昼になると3匹の猫が日当たりのいい部屋でじゅうたんの上に川の字になって寝ていることがよくあります。そして夕方になると起きだして動き回るのです。

あなたの愛猫も恐らく朝方は元気で昼は寝ていて夕方になるとまた活発に活動していると思いますよ。

猫はどの時間帯が活発なの?

猫は朝方になると活発になる事は分かりましたが、では朝方とは大体何時ごろを指すのでしょうか?

個体によってそもの時間帯は違いますし季節によっても違います。猫の起床時間は日照時間に関係しています。

つまり日の出の時間が違う夏と冬では起床時間も変わるのです。猫は体内時計で生活のリズムを計っていますので季節が変わって日の出の時間が変わってもきちんと起きられます。

人間は冬の寒い時などは布団から出たがりませんが猫は違います。明け方になると体内時計によって活発になるのです。

因みに猫が朝起きる時間は夏場は5時台、冬場は6時台といったところでしょうか!その辺は猫の生活環境や飼い主の生活リズムに合わせる猫もいるので一概に経言えませんが!

猫は薄明薄暮性なのになぜ昼間に活動する猫もいるの?

猫が『薄明薄暮性』である事は分かりましたが、ではなぜ日中に行動する猫もいるのでしょうか?

実は猫は環境に適応する能力に優れているのです。猫は環境が変わるとストレスを受けるとも言われていますが、その一方で環境に適用する能力もあるのです。

特に飼い猫は飼い主の生活リズムに合わせる事が出来るのです。飼い主の生活リズムに合わせた結果、昼行性になるケースもあります。

その一方で飼い主が夜型の生活をしていると飼い猫も夜型となります。

猫は基本的には『薄明薄暮性』ですが、飼い主によって昼行性にも夜行性にもなるのです。

まとめ

猫は基本的には夜行性と言われていますが、厳密には『薄明薄暮性』なのです。その一方で飼い主の生活環境に左右されるのである意味臨機応変なのです。

尚、猫は飼い主の生活リズムに合わせる事が出来るのですが、それは平日のみではなく休日も含まれます。

どういう事かと言いますと、飼い主が平日は早起きでも休日はいつもよりも寝坊するような場合、猫もその生活リズムに合わせる事が出来るのです。

猫はツンデレなどと言われていますが、なんだかんだ言ってもきちんと飼い主さんに合わせてると思うと、なんだか健気に思えますよね!


スポンサーリンク