:2017/06/30  :2019/03/29

猫のプレミアムフードとは?食いつきが良くておすすめのキャットフードは?

キャットフードには安価で買えるものから高価なものまで様々な種類があります。中でも高いキャットフードはプレミアムフードと呼ばれています。しかし、プレミアムフードと普通のキャットフードはどこが違うのでしょうか?もちろん値段の違いは品質の違いに関係すると思いますが、具体的にはどこが違うのか気になりますね。

また、プレミアムフードにもいろいろなフードメーカーがありますが、どこのメーカーのフードがいいのか、いろいろと疑問が出てきます。

そこで今回は猫のプレミアムフードについて調べてみたいと思いますので、今後のフード選びの参考にして下さい。

キャットフードに関してはスーパーやホームセンターなどで比較的安価なキャットフードを購入する方は多いと思いますが、果たしてそれでもいいのでしょうか?

安価なキャットフードは家計の助けになりますが、猫の健康面を考えたらおすすめはできません。なぜおすすめできないのかについても明確な理由があります。

この記事を読むと安いキャットフードが猫に与える悪影響について知ることができます。それと同時にプレミアムフードを食べ続けた場合に得る事が出来る健康面でのベネフィットなども知る事が出来ます。

愛猫が長生きをする為の最も基本的な事は日々の食生活です。本記事を読み終わる頃には愛猫にとって本当に必要なキャットフードがどのような物かについて知る事が出来ます。

スポンサーリンク

プレミアムフードとは?

猫にとって安全なフード、それはプレミアムフードです。ではどんなキャットフードの事をプレミアムフードというのでしょうか?ここでは簡単にプレミアムフードについて説明したいと思います。

プレミアムフードとはペットショップに並んでいる数々のフードの中でも比較的値段が高いフードの事を指しています。

プレミアムフードには明確な定義はありませんが、一般的にはAAFCO(Association of American Feed Control Offisials:米国飼料検査官協会)やFEDIAF(European Pet Food Industry:欧州ペットフード工業会連合)の栄養基準をクリアしたフード、あるいはそれと同等以上の品質のフードを指す事が多いようです。

AAFCO(アメリカ)もFEDIAF(ヨーロッパ)もペットフードに関しては先進的でその安全基準はかなり厳しく設定されていますので、AAFCOやFEDIAFの安全基準をクリアしたフードは全ての面に於いて安心できます。

プレミアムフードには明確な定義がないと言及しましたが、しいて言えば『猫の健康を第一に考えて作られたヒューマングレードのキャットフード』という事になります。

ヒューマングレードとは人間が口にしても安心で安全な原材料で作られたフードの事です。つまりヒューマングレードのフードは人間が口にできる高品質の原材料を使用し、更には衛生管理の行き届いた工場で生産されているフードなのです。

もちろん猫の健康を第一に考えて作られているので第一原料は高品質な肉や魚を用いています。また、タンパク質以外に必要な栄養素も最適に配分されています。

尚、プレミアムフードの中でも最高峰なのが穀物を一切使用していないグレインフリーのプレミアムフードです。猫は肉食なので穀物の消化が苦手であることを考慮しているのです。で

すのでヒューマングレードで且つグレインフリーのプレミアムフードは猫の健康にも良いとされています。

プレミアムフードは猫の健康にいいの?

そんなプレミアムフードですが、厳しい安全基準によって製造されているので、原材料や添加物、製造工程等の観点からも通常のフードより高い安全性が確保されています。

安いフードが全て悪いとは言い切れませんが、一般的に安いフードは肉類よりも穀物の割合が多い傾向にあり、肉類も悪い肉を使用し、猫によくない添加物を使っているケースも多いのです。

その一方でプレミアムフードは人間が食べても安全な、いわゆるヒューマングレードかそれに近い安全性を確保していますので、猫の健康にもいいと言えます。

これまでレギュラーフードを食べていた猫がプレミアムフードに変えると体の変化が目に見えて良くなります。

プレミアムフードに変えてから食いつきがよくなった、便臭が気にならなくなった、毛のツヤが良くなった等の評判はよく聞きますね。

プレミアムフードは多少値段が高いのですが、猫の健康を考えたら餌代を惜しまない方が長期的には猫の為になります。

では安いキャットフードとプレミアムフードではいったい何が違うのでしょうか?

安いキャットフードを食べ続けたら猫の健康にも良くありませんが何が問題となるのでしょうか?

安価なキャットフードを食べ続けたらどうなる?

あなたの愛猫が健康で長生きをする為に最も重要なのは毎日の食生活、つまりキャットフードであると言っても過言ではありません。

もちろんキャットフード以外にも適度な運動やストレスフリーの生活は必要なのですが、最も重要なのは食事管理なのです。

私達人間にとっても食生活が重要なように猫にとってもキャットフードはとても重要です。

安価なキャットフードを子猫の頃から食べ続けていたらシニアになってから色々と健康面でも支障が出る可能性があります。

安価なキャットフードによる影響は直ちに出るものではないので7歳位までの成猫期には特に問題はないと思いますが、シニアと呼ばれる7歳以降の年齢になると少しずつ支障が出てくる可能性があります。

もちろん個体によって差はありますが普段の食生活の質によってシニア以降の健康面に影響してくるのです。

人間も外食ばかりしていたり、インスタント食品やジャンクフードばかりの食生活だと健康面に良くないように猫にとっても安価なキャットフードは良くないのです。

安価なキャットフードが悪い理由とは?

ではなぜ安価なキャットフードは良くないのでしょうか?

安価なキャットフードは肉類や魚類よりも穀物が多く配合されています。キャットフードの原材料表示は使用している原材料の割合が多い順に記載しなければならないルールがあるのです。

ですのでスーパーなどで売っているキャットフードの原材料表示を見ると間違えなく穀物の名前が最初に記載されています。

理想を言えば穀物を一切使用していないグレインフリーのキャットフードがいいのですが少なくとも穀物が原材料表示で最初に記載されているキャットフードは安心できません。

尚、安価なキャットフードにはそれ以外にも危険な要素があります。それは危険な香料や添加物が含まれている可能性についてです。

全ての安価なキャットフードに危険な香料や添加物が含まれているとは言えませんが、肉類や魚類よりも穀物の割合が多いキャットフードに猫が飛びついて食べに来るのは理由があるのです。

その理由が香料や添加物なのです。

肉類や魚類よりも穀物の割合が多いフードを本来猫が喜んで食べるはずはありません。それにもかかわらず猫が喜んで安価なキャットフード食べるのは香料や添加物を使用しているからなのです。

猫は臭いには敏感なのでこれらを使用する事で本来風味がないキャットフードでも風味で満たされて猫が飛びつくようになるのです。

更に安価なキャットフードにはまだ危険な要素があります。それは4Dミートの存在です。

4Dミートとは?

4Dミートとは一体なんのことなのでしょうか?簡単に説明します。4Dミートとはアメリカの食肉のランクで以下の「D」で始まる4つの英単語から来ています。

Dead(死んだ)
Dying(死にかけている)
Diseased(病気の)
Disabled(障害がある)

このような状態の肉が4Dミートと呼ばれています。つまり、私たち人間が到底口にできない廃棄寸前の最悪の状態の肉なのです。

4Dミートは非常に安価な為、ペット用フードの原材料として使われています。精肉業者も4Dミートと呼ばれる肉の廃棄には費用がかかりますが、ペットフードメーカーが安価とは言え買ってくれるので、お互いの利害関係が成立しているのです。

その結果、粗悪で安価なペットフードが流通するのです。このような危険なペットフードは価格が安く家計に優しいので購入して猫に与えている方も多いかと思います。

しかし、家計にやさしい分、猫の健康には厳しいのです。

例え食いつきがよくても、このようなフードを与え続けていたら、健康に問題が生じます。人間もジャンクフードばかりを食べていたら、明らかに健康に悪いですからね! 

このように安価なキャットフードには危険な原材料や粗悪な肉類を使用しているケースもあるのです。

全ての安価なキャットフードが悪いとは言えませんが、少なくとも肉や魚類よりも穀物の割合が多いのが安価なキャットフードの特徴です。

尚、キャットフードに関しては国産よりも欧米産の方がはるかに安全です。

人間が口にする食材の場合は外国産よりも国産の方が安心できますが、キャットフードの場合は話は別です。欧米のキャットフードの方が日本よりもはるかに安全で安心できるのです。

国産のキャットフードは安全基準が欧米と比べてかなり緩い状況です。また、肉食の猫のフードであるにもかかわらず穀物の割合が多く、人口添加物や香料が含まれている割合も高いのです。

ですので、例え食いつきがよかろうが、あるいはテレビで宣伝して知名度が高かろうが安心できるかというと、かならずしも安全とは言えないのです。

愛猫にとって安心で安全なフード、それがプレミアムフードなのです!

プレミアムフードは評判がいいの?

猫のフードをプレミアムフードに変えた方の評判は様々です。良い評判や悪い評判などそれぞれありますが、総じて良い評判が多いです。

その主な内容は食いつきの良さ、毛のツヤが良くなった、便臭が気にならなくなった、軟便が治った等です。

もし、これまで猫のフードがプレミアムフードでない場合、プレミアムフードに切り替える事によって猫の健康事情も改善されることが期待できます。

例えば粗悪なフードの場合は第一原料が肉ではなく穀物であることが多いのですが、猫は穀物を消化するのが苦手なので消化器官の負担が大きくなります。

また、安い低品質なキャットフードでは4Dミートと呼ばれている粗悪な肉を使っている事もあるのですが、4Dミートには質の低いたんぱく質が大量に含まれている為、猫の腸内で消化不良を起こして便臭も臭くなります。 

一方で欧米のプレミアムフードと呼ばれているキャットフードは肉や魚がメインで使われています。

中にはグレインフリー(穀物不使用)のフードもあり、更には人間が食べても安全なヒューマングレードかそれに近い安全性となっています。

キャットフードに関して日本は完全な発展途上国で欧米が先進国と言えます。

安全で安心なプレミアムフードとは?

プレミアムフードと言っても実にたくさんのメーカーのフードがありますが、その中でも原材料や添加物など、様々な観点から見て猫にとって本当に安全で安心と言えるキャットフードでなければ意味がありません。

猫の健康を考えたら原材料に危険な添加物や香料などが使われているのは論外です。かと言って危険な原材料が使われていないとしても穀物の割合が多いのも考え物です。

そうなると、どんなキャットフードを与えたらいいか迷ってしまいます。そこで今回は猫の健康を真剣に考えているあなたの為に人気のキャットフードをご紹介します。

今回ご紹介するのは人間が口にしても安全で安心なヒューマングレードと呼ばれている高品質なキャットフードです。

尚、今回は4種類のプレミアムフードをご紹介したいと思います。
なぜ4種類なのかというと今回ご紹介するプレミアムフードはどれを選んでも遜色がありません。

猫に必要な栄養素はもちろんの事、グレインフリーで人間が口にしても安全なヒューマングレードであり、素材も自然由来の物を使用し人口添加物などは一切使用していません。

また、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しい基準を満たす工場で製造されているフードなので全てに於いて安心できるキャットフードです。

ではなぜ4種類もご紹介するかというとそれぞれ味が違うのです。人間も味に好みがあるように猫にも味にある程度は好みがあります。

大抵の猫はチキンか魚を用意すればどちらかを食べます。もちろん両方食べる猫も多いのですが、今回ご紹介する4種類のキャットフードであればあなたの愛猫が気に入る味があると思いますよ!

あるいは一つの味に固定せずにローテーションするのも飽きなくていいかもしれませんね。我が家でもキャットフードはチキンと魚を交互に与えて飽きないように工夫しています。

モグニャン

モグニャンのキャットフードは1年以上の歳月をかけて猫の為だけに開発されました。上質な原材料を使い、特に食いつきと猫の健康を最大限に考えて開発されました。グレインフリーである事はもちろん、着色料や香料は一切使用せず猫にとって不要な物を可能な限り排除しています。

原材料は白身魚をメインで使いっていて栄養満点の高たんぱくなフードとなっています。また、キトン(子猫)からシニア猫まで全ライフステージに対応していますので、あなたの愛猫が何歳でも安心して与えられます。

  原産国   イギリス
  メイン素材   白身魚
  穀物   不使用(グレインフリー)
  定価   3,960円(1.5kg)
  特徴   全猫種・全ライフステージ用、ヒューマングレード、白身魚63%使用!
  原材料

  白身魚(63%)、サツマイモ、豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、
 ヒマワリオイ ル、フィッシュスープ、ミネラル、ビタミン、ビール酵母、
 
オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、ばなな、リンゴ、クランベリー、カボチャ、
 
ダンデライオン

  主な成分   粗タンパク質(30%)、粗脂肪(16%)、粗繊維(3%)、粗灰分(6%)、
 水分(
7%)、オメガ62.95%)、オメガ32.08%)、エネルギー(374Kcal100g

 

カナガン

カナガンはイギリスのフードメーカーで何と言ってもグレインフリー(穀物不使用)にこだわっています。肉食である猫はタンパク質からエネルギーを得ているのですが、多くのペットフードに含まれているトウモロコシや小麦などの穀物が消化器官の異常や猫アレルギーの原因になると考えられています。

カナガンでは肉食の猫が栄養を摂取できる原材料を厳選し、”穀物完全不使用”のレシピを採用しています。また、カナガンでは人間でも食べられるほど高品質で新鮮なものを厳選しているので、猫にとっても安心です。メインの原材料は厳選されたイギリス産の平飼いチキンで、食肉として市場に流通しない「肉副産物」や人口添加物などは一切使用していません。

全猫種の全ライフステージに対応していますので、キトンからシニアまでOKです。ですので年齢がバラバラな猫を多頭飼いしていても一種類のフードで万全な栄養管理ができる点は魅力ですね。

原産国 イギリス
メイン素材 チキン
穀物 不使用(グレインフリー)
定価 3,960円(1.5kg
特徴 全猫種・全ライフステージ用、ヒューマングレード、グレインフリーへの徹底した拘り!
原材料 乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%
乾燥全卵
4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%
ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、
硫酸銅
(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD
ビタミン
E)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、
フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、
セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ
主な成分 粗タンパク質(37%)、脂肪(20%)、粗繊維(1.5%)、粗灰分(8.5%)、水分(7%)、オメガ6脂肪酸(2.99%)、オメガ3脂肪酸(0.82%)、リン(1.4%)、
マグネシウム(
0.09%)、ナトリウム(0.36%)、カルシウム(1.58%)、
カリウム(
0.64%)、エネルギー(390Kcal100g

 

シンプリー

シンプリーは動物栄養学者との共同開発で作られたイギリスのフードメーカーでグレインフリーや高タンパク質に拘ったフードメーカーです。また、猫の健康やフードのおいしさにも徹底的なこだわりを持っています。

特に健康面では猫に多く見られる尿路結石やヘアボールのトラブルに配慮して原材料を厳選しています。また、猫にとって消化するのが難しい穀物を使用しないグレインフリーのレシピに加え、食物繊維が豊富なオリゴ糖や消化吸収の良いサツマイモをブレンドする等、猫の健康面にも配慮したフード作りをしています。

フードの原材料のメインは生サーモンで生マス、乾燥サーモン、ニシン、白身魚等を使用し、高タンパクなフードに仕上がっています。もちろん人口的な添加物や香料などは使用していません。素材は魚中心ですが、市場に食材として流通できない「魚副産物」は一切使用していません。全猫種の全年齢に対応しています。

原産国 イギリス
メイン素材 サーモン
穀物 不使用(グレインフリー)
定価 3,960円(1.5kg
特徴 全猫種・全ライフステージ用、ヒューマングレード、今のフードを20年安心して与え続け
られる!
原材料 骨抜き生サーモン(31)、さつまいも、乾燥ニシン(12)、乾燥サーモン(11)
じゃがいも、サーモンオイル
(8.1)、乾燥白身魚(6.5)、生マス(4.65)
サーモンスープ
(2.3)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、
マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、
カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク
主な成分 粗タンパク質(37%)、脂肪(20%)、粗灰分(9.5%)、粗繊維(1.5%)、水分(7%)、オメガ6脂肪酸(1.33%)、オメガ3脂肪酸(3.89%)、リン(1.32%)、
マグネシウム(
0.13%)、カルシウム(1.89%)、カリウム(0.59%)、ナトリウム(1%)、エネルギー(380Kcal100g

 

ジャガー

ジャガーのこだわりは何と言ってもヒューマングレードの食材を厳選し、専任の品質管理官が品質をチェックする等、フード作りにこだわりを持っている点です。

レシピは新鮮なチキンや鴨肉、サーモンやマス等の肉や魚をふんだんに使い、動物性たんぱく質80%以上のプレミアムなフードを作り上げています。また、グレインフリーであるだけでなくアンチエイジング効果の高いマルベリーや漢方として知られている朝鮮人参を配合する等、愛猫の健康にも気を使っています。

また、ジャガーはパッケージもこだわりを持っています。パッケージ内側のマジックテープの部分に凹凸をつける事で二重構造化し、フードの風味を逃がさないようにしています。人工的な香料を一切使用していないジャガーの風味がいいのはこのような工夫があるからなのですね!

原産国 イギリス
メイン素材 チキン
穀物 不使用(グレインフリー)
定価 4,280円(1.5kg
特徴 全猫種・全ライフステージ用、ヒューマングレード、動物性たんぱく質80%以上!
原材料 骨抜きチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、生サーモン、生マス、じゃがいも、
卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファルファ、豆食物繊
維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、
りんご、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、
マリーオールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロパイオティクス
主な成分 粗タンパク質(40%)、粗脂肪(20%)、粗繊維(3%)、粗灰分(9%)、エネルギー(384Kcal100g

 

まとめ

健康な生活を送るには食生活がきちんとしていなければなりません。それは人間だけではなく猫にとっても同じです。

健康で長生きをする為には、きちんとした食生活をおくり、それを積み重ねていく必要があります。

不安定な食生活ばかりでは、何れは健康に問題が生じる事になります。食生活をないがしろにしていると、将来そのツケを払わなくてはならなくなります。そうならない為にも食生活はきちんとする必要があります。

とは言っても飼い猫の食生活は全て飼い主であるあなたが管理しなければなりません。愛猫が健康で長生きする為にもあなたがしっかりと良いフードを選定してあげる必要があります。

良質なフードはやはり値段も高くなりますが、大事な家族の一員である愛猫が健康で長生きする為にもフードを見直してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク