:2017/04/30  :2018/02/17

猫の種類の人気ランキング一覧と値段!おとなしくて飼いやすい種類は?

はじめて猫を飼う人にとって、どんな猫を飼うのかは一番悩むところではないでしょうか?好みの品種がある、こんな色の子が飼いたい、などイメージがはっきりしていれば良いのですが、実際ペットショップに行くと、かわいい子猫たちがたくさんいて、そんなイメージもグラグラしてしまいます。

人懐っこい子も多いので、どの子を触っても、かわいく感じてしまいますしね。ただし、猫の飼育に不慣れな人には、ただかわいいだけじゃなく、飼いやすい猫であることも猫選びの大事なポイントです。

今回は、人気のある猫のランキング、そして気になるお値段、さらにおとなしいなどの理由で飼いやすい猫の種類についてご紹介したいと思います。家族に迎える猫選びの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

猫の種類!人気ランキングと値段の相場は?

猫の人気ランキングというと、さまざまなものがあります。こちらでは、ランキング上位にいる猫ちゃんの種類をご紹介したと思います。

トップ3へのランクインが圧倒的に多いのが、スコティッシュフォールド、マンチカン、ラグドールです。とくにスコティッシュフォールドの人気はすさまじく、飼いやすい性格もあってペットショップでも多く見かけます。

値段は幅あり、10万~30万程度。生まれてくる3分の1ほどしかいない耳折れを選ぶとより値段が高めになります。

続いてマンチカン。数年前からテレビなどで紹介されることも多くなり、一気に人気者になりました。短い脚でよちよち歩くのに、俊敏でやんちゃなところがかわいらしいですね。突然変異で生まれた品種で、5万~30万と値段の幅も広いです。

そして、ラグドール。ふわふわとした毛並と青い目がきれいな品種です。お値段はやや高めで15万~30万。とにかくおとなしい品種です。

トップ3に続いて人気があるのが、アメリカンショートヘア、ロシアンブルー、メインクーンあたりでしょう。

なんといっても良く遊び、良く懐くアメリカンショートヘア。元気な猫が好きで一緒に遊びたい飼い主さんにとっては魅力的な猫です。10万~20万ぐらいの値段です。

おとなしく鳴き声が小さいので集合住宅でも飼いやすいと人気なのがロシアンブルー。きれいなグレーの毛とエメラルドグリーンの目が特徴です。こちらも10万~20万ぐらいで買うことができます。

大型猫ですが、とても性格が良い人気種がメインクーンです。オスの平均体重が7kgとかなりビッグですが、とてもおだやかな性格なので飼いやすい猫ですよ。8万~15万のお値段がつくことが多いです。

このほかにも人気のある品種はたくさんいるのですが、特に人気のある品種をご紹介しました。お気に入りの子はいましたか?

同じ種類でも値段が違う理由は?

ペットショップで猫ちゃんを見ていると、同じ品種なのに値段が違う、ということがありますよね。それはどうしてなのでしょうか?まず考えられるのは猫の月齢です。

ペットショップに登場する猫は、生後1ヶ月ちょっとの子もいれば、生後半年を過ぎている子もいます。猫はだいたい生後23ヶ月ぐらいに家族に迎えるとよく飼い主に懐きますし、一番かわいらしい時期を見ることができます。

そのため、そのぐらいの時期の子猫が一番値段が高いです。少しずつ月齢があがると値段が下がってくるんですね。

ほかに考えられるのは、血統書や品種としての特徴が出ているかどうかです。親がチャンピオン猫などの場合にはやはり値段が上がります。

品種としての特徴が色濃く出ている方がお値段が高くなることもあげられます。たとえば、マンチカン。人気の理由は短い手足ですよね。しかし、マンチカンにも手足が長めの子もいます。

マンチカンを飼いたい人は、あの短い手足を期待しているので、どうしても手足が短めの子に高い値段がつくのです。同様にスコティッシュフォールドの耳折れなども値段が高くなります。

相場より安い場合はお買い得?それとも何かある?

相場より安いな、と感じる場合には、まず年齢を確認してみましょう。誕生日から半年以上たっている場合、値段がガクンと下がりやすいです。猫は1歳前後で成猫になりますので、その頃に近くなるとさらに値段は下がってきます。

もし相場よりも明らかに安い場合には、とにかく月齢を見てみてください。そうでなければ、先天性の病気を持っていたり、五体満足でなかったりと、何か体に問題があるのかもしれません。猫の体調をよく確認してから飼うようにしましょう。

猫に限らず、ペットの病気を治療するには、とてもお金がかかります。最初安く手に入れたとしても、何かしら問題がある子ですと、その後の治療にお金が必要になってしまったり…。

ただし、もし飼ったペットに病気が見つかっても、捨てたり処分したりしようとせず、愛情を持って最後まで飼ってあげてくださいね。

性格が大人しく飼いやすい猫は?

性格が大人しい、もしくはおだやかな猫はとても飼いやすいです。大人しい猫だと鳴き声にもあまり気を遣わなくてよいので、マンションなどの集合住宅で暮らしているご家族にも飼いやすいですね。

性格が大人しい猫として人気なのが、スコティッシュフォールドやラグドール、ロシアンブルーなどです。ランキングではご紹介しませんでしたが、ノルウェージャンフォレストキャットやソマリなどの長毛種の猫もわりと性格が大人しい子たちが多いです。

初心者が飼いやすい猫の種類は?

初心者の人にとって飼いやすい猫はどんな猫でしょうか?大人しいというのも良いですが、賢さがあり、飼い主に対して従順である、という点も大事ですね。

飼い主にはとても懐くけど、やんちゃだったりいたずら好きという猫は、初心者向けではありません。種類で言うとどんな猫が飼いやすいのか、早速紹介していきたいと思います。

少し前でも話に出たスコティッシュフォールドは、初心者でも非常に飼いやすい猫です。大人しく穏やかな性格で、なおかつ従順。甘えん坊なのでとても懐きますし、しつけもしやすい種類です。ランキング1位の常連なだけはありますね。

ラグドールも大人しく飼いやすい甘えん坊です。抱っこも好きな珍しい猫です。激しく遊ばない猫なので、その点も手間がかからず、飼いやすいと言えます。

ソマリも非常に賢く、さらに大人しい猫です。甘えん坊な一面もあり、飼い主の言うことをよく理解してくれますので、しつけもスムーズです。

賢い上にストレスに強いのがノルウェージャンフォレストキャット。無駄鳴きもなく、とにかく賢いです。そして、北欧の寒い地域の品種なので、とにかくストレスに強い。猫の小さな変化に気づきにくい初心者の飼い主さんだと、どうしてもストレスケアは難しいです。

その点ノルウェージャンフォレストキャットは、初心者さんにも飼いやすい種類ですね。賢い猫ちゃんたちは、わりと長毛の子たちが多いです。初心者さんにとって難点なのが、ブラッシングとお風呂。長毛の子には必須のお世話なので、その点だけはちょっと大変かもしれません。

多頭飼いで飼いやすい組み合わせの種類は?

もし何匹かの多頭で飼う場合には、猫の種類にも気をつけてあげなければなりません。性格が穏やかで、賢い猫が多頭飼いには向いています。

また、警戒心の強くない種類がいいでしょう。ここでも名前があがるのが、人気種スコティッシュフォールドです。性格が穏やかななのでケンカをしにくく、多頭飼いするのも向いています。

性格は元気いっぱい、好奇心旺盛なアメリカンショートヘアも多頭飼いに向いています。猫にしては社交性が高い種類の猫なので、多頭飼いだけでなく、ほかの種類の動物と一緒に飼うのにも最適な猫ちゃんです。

大柄猫のメインクーンも多頭飼いに適した猫です。大柄な体ですが、性格は非常に穏やかで思慮深い猫です。飼い主にはとても懐く種類ですが、嫉妬心が強くなく、飼い主を独占しよう、というタイプではありません。同じ空間で同じ時間を過ごすことで幸せを感じられるのです。

多頭飼いをする場合には、先住猫の性格を最優先に新米猫の種類を選びましょう。騒がしいのが苦手な先住猫なら大人しめの種類、一緒に遊びたいタイプの先住猫なら元気のあるタイプなど、先住猫を最優先に選んでみてください。

もし、同時期に2匹や3匹でお迎えする場合には、兄弟猫や同じ種類の猫にすると猫同士も馴染みやすいかもしれませんね。

まとめ

猫の人気ランキングや飼いやすい猫についてお話ししてきました。今回はランキング上位ということで、ペットショップなどでも見かけることも多い品種がたくさん登場しましたが、猫の種類は豊富で紹介した以外にも魅力的な猫がたくさんいます。

希少種ほど値段も上がるため、なかなか手に入れにくいという点もあると思いますが、ぜひいろんな猫ちゃんを調べて、自分好みの種類を見つけてみてくださいね。この子をぜひ飼いたい、と思える子に出会えますように。


スポンサーリンク