:2017/07/02  :2019/03/20

猫に穀物は必要か?グレインフリーにデメリットはあるの?

肉食である猫には穀物は本来必要ではないはずです。ライオンやトラなどの肉食動物は草食動物を捕獲してその肉を食べていますが、決して穀類を探し求めて食べる事はありません。猫は人間にとって身近なペットですが、基本的にはライオンやトラと同じ肉食動物なので、肉や魚等をメインに食べる必要があります。

野生の肉食動物が穀物を探し求めないように猫も本来であれば穀物は必要ないと考えられています。しかし、なぜ猫のフードには穀物が含まれているのでしょうか?

今、世の中に流通しているキャットフードの殆どに穀物が含まれています。果たして猫にとって穀物は必要なのでしょうか?今回は猫と穀物についてのお話です。

本記事を読む事でキャットフードになぜ穀物が入っているのかが分かります。『なぜ国産のキャットフードには穀物が肉類よりも多く配合されいるのだろう?』、『猫は穀物を上手に消化できないので大丈夫なの?』

このような疑問を持つあなたにとって本記事は絶対参考になると思いますよ!

スポンサーリンク

キャットフードにはなぜ穀物が使用されているの?穀物不使用(グレインフリー)でないとダメなの?

肉食の猫は基本的には穀物を食べません。ですので、キャットフードに穀物が多く含まれているのは本来望ましい事ではないのです。とは言っても大抵のフードメーカーはキャットフードに穀物を使用していますが、これには2つの意味があります。

一つはコストダウンの為です。安価なキャットフードには第一原料として穀物が使用されています。穀物を使用する事でボリューム感を出すいわゆる「かさ増し」をしているのです

穀物でかさ増しをする事で肉類の使用を少なくできるので低コストでキャットフードが作れるのです。

尚、このようなケースの場合は肉類の割合が少ない為、食いつきが悪くならないようにする為に人口添加物や香料などを使っているケースも多々あります。

キャットフードに人工的な香料や添加物が入っていると猫の健康に悪影響を及ぼします。危険なキャットフードについては下記の記事で詳しく知る事が出来ます。

危険なキャットフードの見分け方!猫のフード!安いのは安全?

 

もう一つのケースは穀物をあえて使用ているケースです。猫は肉食ですが、多少は穀物が必要ではないか、とも考えられているのです。これはプレミアムフードでも例外ではありません。

多くのプレミアムフードのメーカーもキャットフードに穀物を使用しています。ただし、第一原料はあくまで肉魚類で穀物の割合は少なくしています。

猫の生態に関してはまだまだ分からない事もたくさんあります。例えば猫は肉食なのに草を食べますが、これに関しても幾つかの理由があるのですが、はっきりした事は分かっていません。

それと同様に猫にも多少なりとも穀物が必要ではないかとの研究結果も出ているようです。猫は肉食なので体の構造上、穀物の消化機能が優れていないのですが、穀物には豊富な食物繊維が含まれているため、猫にとっても有用であると言われています。

現に野生の世界では肉食動物が草食動物を捕獲して食べる際、草食動物が食べた穀類が胃や腸に残っている状況でも彼らを食べつくしますが、その過程でわずかとは言え、穀物を間接的に摂取する事になるのです。

そう考えると同じ肉食の猫が穀物を食べる事に関して完全な否定はできないかもしれません。ただし、いずれにしても安価なキャットフードのように穀物が肉類よりも多く配合されているのは問題です。

グレインフリーのメリットとデメリットは?

肉や魚類の動物性たんぱく質を必要とする猫にとってグレインフリーは本来体にいいはずなのですが、デメリットはあるのでしょうか?

猫が穀物を食べると消化不良やアレルギーの原因になると言われているので穀物を食べないに越したことはないと思われますが、穀物を食べる事で食物繊維を摂取することができるのです。

実際に毛玉ケア用のフードには穀物が多く配合されています。また、食物繊維が豊富になると便秘にも効果がありますので多少なりとも穀物を食べる事で食物繊維を摂取することができるのです。

とは言ってもやはり猫の腸は穀物の消化機能が優れていないので多くの穀物は消化できずに消化不良を起こしたりする懸念があります。

また、消化不良ばかりを起こしていると穀物が原因のアレルギーを起こす懸念もあります。更には、穀物に多く含まれている炭水化物が原因で糖質が過剰に摂取され、肥満になる事も懸念事項です。

こう考えると猫にとって穀物は全くではありませんが、ほとんど必要ないという事になるのでしょうか!

少量の穀物であれば大丈夫?

猫の生態に関してはまだわかっていない事が多く、多少は穀物の摂取が必要との見解もあれば穀物は全く必要ないとの見解もあります。

結局のところ、正解は分かりません。ただ一つ言える事は野生の肉食動物は自ら穀物を探し求めて食べたりはしないので猫も彼らと同様と考えられます。そう考えると猫のフードは基本的にはグレインフリーが望ましいと言えます。

グレインフリーには穀物が含まれていないので食物繊維が摂取出来ないのではないかと心配になるかもしれませんが、一部の良質なキャットフードには食物繊維が多く含まれた穀物以外の原材料を使用していますので、穀物を摂取する事無く食物繊維を体に取り入れる事が出来ます。

数あるキャットフードの中でもヒューマングレードでグレインフリーのフードであれば安全で安心です。下記の記事では安全で安心なプレミアムフードについて、より詳しく知る事が出来ます。

猫のプレミアムフードとは?食いつきがよくて評判がいいフードは?

 

猫は完全な肉食動物なので穀物の割合が多いフードばかりを食べていると胃腸に負担がかかってしまいます。そうなると長期的にも猫の健康面で悪影響となります。

まとめ

猫は完全な肉食動物なので肉や魚類などの動物性たんぱく質を必要とします。健康で長生きをする為には徹底した食事管理が必要となりますが、愛猫の食事管理は飼い主であるあなたにしかできません。

猫は自分でフードを選べないので愛猫の為にも良質なフードを選んであげて下さい。キャットフードのパッケージには使用量の多い順に原材料が記載されています。

もし普段与えているキャットフードのパッケージの原材料欄に穀物が記載されているようであればグレインフリーのプレミアムフードを検討してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク