:2017/10/11  :2019/01/19

野良猫の餌やりをやめさせたい!でもトラブルも避けたい!どんな方法があるの?

野良猫というのは人間の生活圏であれば大抵どの地域でもいると思いますが、そんな野良猫に餌やりをする人も意外と多いようです。本人は善意でやっているつもりでも、あなたを含めた周りの人たちはそれを迷惑に感じています。野良猫に餌やりをしている人は程度の差こそあれ多少なりとも餌やりの依存症になっているケースが多いようです。

ですので、餌やりを止めさせられるかどうかは依存の程度にもよります。

猫が好きで野良猫の事を哀れんだりして餌を与えたくなる気持ちは分からないでもないですが、そうなると更に野良猫が増えて結局は困る事になります。

あなたの家の近所にも野良猫に餌を与えている人がいるかもしれませんが、どうすれば餌やりを止めさせる事が出来るのでしょうか?

今回はそんな野良猫の餌やりをうまくやめてもらう為の対策についてです。

スポンサーリンク

野良猫に餌やりをする心理とは?なぜやめられない?

野良猫に餌を与える人はどこにでもいます。野良猫は飼い猫と違って食料の確保が保障されていないので喰いっぱぐれる事もあります。

そんな時に餌を与える人がいたら必然的に野良猫が集まってきます。猫は縄張りの範囲で行動しますが、餌を与える人がいたらその場所を中心に行動するようになり、やがては野良猫が増えていきます。

またはその場所に新たな野良猫が来て縄張りの取り合いになったりすることもあります。何れにしても野良猫に餌を与える人がいればその場所には多くの野良猫が集まってきますし、繁殖を助長する事にもなりかねません。

その一方で餌を与える人は野良猫が喜んで餌を食べてくれたら安心するのです。いつも決まった野良猫達が餌を食べに来ると安心しますが、一匹でも来ない猫がいると不安になるようです。

野良猫に餌を与える人の中には餌やりをやめたくてもやめられない人もいます。頭では餌やりをやめた方が良いと思っているのにやめられないのです。

つまり依存症のようになっているのです。餌やりは何とかやめさせたいのですがを無理にやめさせようとしたらトラブルになる可能性もあります。

餌付けされた野良猫はいつまでも餌が出てこないとニャーニャー鳴いて餌を催促するようになります。

餌やりをしている本人はともかく近隣住民は迷惑この上ない状況となっています。そんな時には思い切って餌やりを止めるよう注意したいところですが、トラブルに発展するケースもあるので注意するのは避けた方が無難です。

迷惑な野良猫への餌やり!止めないとどうなる?

野良猫への餌やりを止めないとどうなるのでしょうか?まずは餌やりしている場所が餌場のようになり、沢山の野良猫が集まってくるようになります。

猫には縄張りがありますが、厳密には他の猫とかなり縄張りが重複していますので、何匹もの猫が餌やりの場に集まってくるようになります。野良猫が集まると様々な被害をもたらします。

野良猫の糞被害!退治グッズでも効果なし!野良猫を追い払うには?

餌やりをしている人はともかく近所の人には大きな迷惑となっています。この状況を解消するには餌やりを止めるのが第一歩となります。しかし、餌やりを止めさせることはできるのでしょうか?

野良猫の餌やり!注意したいけど直接言えない!

餌やりをしている人に対して直接注意するのは中々勇気がいる事です。仮に近所の人が餌やりをしていた場合には人間関係がこじれる事も考えられますし、時には逆切れする人もいるかもしれません。それに逆切れされずとも、嫌がらせをしてくる人もいるかもしれません。

正しいと思った事を声を大にして訴えること自体がリスクになる可能性もあるのです。ですのでうっかり注意をするのも考え物です。ではどうすれば餌やりを止めさせる事が出来るのでしょうか?

野良猫の餌やりを止めさせる方法とは?

ここでは野良猫への餌やりを止めさせる方法についていくつかご紹介しますが、効果については未知数です。

直接言う
直接言うのはお勧めではありません。中には聞いてくれる餌やりさんもいるかもしれませんが、できる限り避けた方が賢明です。

言っても聞かないケースも多いと思われます。いや、むしろそれならマシかもしれません。中には逆切れする人もいますので、直接言うのはリスクも高いので避けましょう。

匿名で手紙を書いてポストに投函する
こちらの方法は相手の家が分かっている場合の手段です。直接言うよりもリスクは低いのですが、効果はマチマチでしょう。

餌やりしている人はそれなりに餌やり依存しているのですが、依存が強くない場合には効果が期待できますが、依存が強い場合にはその効果は期待できないでしょう。

また、手紙をポストに入れてるところを見られたらそれはリスクとなり、逆切れされるケースがある事も念頭に置いておくべきです。

自治体に相談してみる
こちらの方法はお勧め出来ない事はありませんが効果は期待できません。自治体によって対応も違いますし、全く対応してくれない自治体も多いと思います。

せいぜいやってくれるとしても餌やり禁止の看板を設置する程度でしょう。ただし、自治体によって取り組みが違うので先ずは相談してみてはいかがでしょうか?

町内会で対応する
餌やりしている人が同じ町内にいいる場合には、町内会で餌やりについて議論してみるのも一つの方法です。場合によっては餌やりしている人との直接的な対話へと発展する事も期待できます。

この場合には個人で言う訳ではなく町内会の意見として代表者が餌やりしている人と対話する事になるので、個人で言うようなリスクはありません。ただし事態が好転するとも限りません。

多くの場合は町内会の回覧板で注意喚起のチラシを挟む事位しかできないでしょう。この方法は町内会などで議論のテーブルに乗っけてもどのような対応になるかによって結果が分かれますが、多くの場合にはとりあえず回覧板に記載して様子を見ましょう、で終ってしまうような気がします。

ですので、おすすめできますが、効果は期待できない可能性が高いと思います。基本的には餌やり依存が強い餌やりさんには効果は期待できませんが、まだ依存が浅い餌やりさんには効果が期待できるかもしれません。

警察に連絡する
こちらの方法は意外にお勧めかもしれません。ただし、警察に連絡すると言っても被害届を出すわけではありません。ニュアンスとしては直接言うとトラブルになりかねないので警察に代弁してもらう感じです。

「近所に餌やりをしている人がいて糞尿被害が出て困るので注意してほしい」旨、警察にお願いするのです。警察としても住民同士が直接言い合ってトラブルになる事を考えたら協力してくれると思います。

連絡する際には警察署よりは地域に密着した交番の方がいいかもしれません。もちろん匿名で連絡する事も可能です。どんなに図太い神経の持ち主でも警察から注意されたら焦るので餌やりを止める可能性が高まります。

ただし、餌やり依存が強い人には効果が期待できません。恐らく開き直るでしょう。その様な人は警察から注意されても餌やりをやめません。

まとめ

餌やりをやめさせる事は簡単な事ではありません。最悪トラブルに発展するケースもあります。猫が好きで野良猫に餌を与えたくなる気持ちは分かりますが、それはよくありません。

餌を与えると野良猫が増える事は必至です。そうなると糞尿被害を始めとする様々な被害が近隣に及びます。それに野良猫が増えると最終的には殺処分される不幸な猫が増える事になります。

近所に餌やりをしている人がいると野良猫被害が多くなります。野良猫に餌を与える人は野良猫が可哀想だからという気持ちがきっかけで餌を与えているかもしれませんが、餌だけ与えてあとは知らんぷりでは結局は周りに迷惑なだけです。

餌を与えるのであれば中途半端に与えるのではなく、責任をもって飼って欲しいですね。それができないなら餌やりもやめるべきでしょう。

野良猫の糞被害!退治グッズでも効果なし!野良猫を追い払うには?

余談ですが、私も以前近所の猫の事で最寄りの交番に匿名で連絡した事がありますが、親身になって聞いてもらい、その近所の家にも連絡してもらえました。

警察に連絡するとなると躊躇する方もいるかもしれませんが、地域に密着している交番なら相談にのってくれますので、相談という形で聞いてもらうのは良いかもしれませんね!


スポンサーリンク