:2017/08/17  :2019/03/20

猫の便秘はフードで自然に解消!食物繊維が豊富なキャットフードとは?

猫は比較的便秘になりやすい動物なのですが、人間と違って猫は便秘を解消するのが大変です。その理由は猫の食事管理は飼い主さんに委ねられているからです。飼い主さんが猫の便秘の事を考えて食事管理をしっかりとしなければ猫の便秘は慢性化するかもしれませんし、症状が悪化したら愛猫に辛い思いをさせる事になります。

それに便秘が酷くなったら病院での治療も考えなくてはなりません。そうならない為にも普段から食事管理をきちんとして便秘にならないようにしたいですね。

今回は猫の便秘を予防するための食事管理についてのお話です。この記事を読めば猫が便秘にならない為に何が必要か理解できる内容となっています。

スポンサーリンク

猫の便秘!治療費はどの位?

猫が便秘になったら病院での治療費は一体いくらかかるのでしょうか?症状にもよりますが、大体1万円位はかかると思われます。

軽い症状であればそこまではかかりませんが、軽い症状でない場合にはレントゲンを撮ったり浣腸したりするので、1万円位はかかります。

決して安くはないですね!でもお金を惜しんで病院に行かないのは本末転倒です。愛猫を苦しめない為にも2日間位便が出ない場合には病院での診察を考えてあげて下さい。

因みに、先日我が家の猫が便秘になったので動物病院に連れて行きました。症状としては2日間の排便の量が比較的少なかったので大事を取って病院に行ってきましたが、夜間の診察で会計も閉まっていたので一時金として2万円ほど預けてきました。

後日清算しましたが、1回の治療で2万円払うのは大きいですね。でもこれが人間ならば整腸剤をドラッグストアで買ってきて飲めば済むのですが、猫の場合は気軽に薬を買って飲むことは出来ないので大変ですね!

食物繊維を摂取したいけど穀物はいいの?

一般的なキャットフードには穀物が含まれています。穀物の量はフードによって違いますが、フードに穀物が含まれていれば食物繊維を摂取する事ができます。

でも猫に穀物は必要なのでしょうか?これは専門家でも意見が分かれています。多少の穀物が必要という専門家もいれば、必要ないという専門家もいます。

専門家でも意見が分かれるくらいなのでここでは断定できませんが、いずれにしてもライオンなどの野生の肉食動物は自ら穀物を探し求めて摂取する事はありません。

それに猫は元々肉食なので穀物が必須ではないはずです。そう考えた場合には猫に相応しいフードはグレインフリーのフードという事になりそうです。

しかしグレインフリーのフードには穀物が含まれていないので便秘に良いとされる食物繊維が摂取できません。

では一体どうすれば食物繊維を摂取することができるのでしょうか?

グレインフリーでも食物繊維が摂取できる?

実はグレインフリーでもフードによっては食物繊維を摂取することができます。確かにグレインフリーのフードには穀物が含まれていないので食物繊維が摂取できないと思われがちですが、フードによっては他の食材で食物繊維が摂取できるのです。

穀物以外で食物繊維が含まれている素材はサツマイモやカボチャです。サツマイモやカボチャには豊富な食物繊維が含まれているので猫の便秘にはかなり有効です。

特にサツマイモは時間をかけて吸収されるため、身体に負担をかけないだけではなく腹持ちも良くなるので、体重管理にも一役買います。

また、サツマイモは一般的なフードに使われている穀物(小麦やトウモロコシ)などと比べると高価なので、キャットフードに使われる事はないのですが、プレミアムフードならではの厳選素材という事になりますね。

便秘を予防する理想のフードとは?

肉食の猫は穀物を消化するのが苦手なので便秘の症状がみられるのであれば穀物を使用していないグレインフリーのフードを与えた方が胃腸への負担も減ります。

尚、グレインフリーでもサツマイモやカボチャなどの原材料を使用しているプレミアムフードであれば、便秘対策にもなるので安心です。

また、グレインフリーのプレミアムフードのメリットとして、猫に必要な動物性タンパク質が豊富に含まれているので、便の全体量を減らす効果も大いに期待できます。もし穀物が含まれていたら便の全体量も多くなるので便秘の懸念が増えるでしょう。

猫にとって理想的なフードとはバランスよく栄養が取れてしかも胃や腸に負担を与えることなく消化に良いフードです。

また、今回のテーマである便秘を予防するという観点では以下の条件が必須となります。

  • 猫にとって消化するのが大変な穀物は一切使用していない
  • 豊富な食物繊維を含む原材料を使用している
  • 猫にとって危険な原材料、香料、添加物等は一切使用していない

これらの条件を全て満たしているフードは幾つかあると思いますが、その中でも特に人気のフードを見てみました。

モグニャン
モグニャンのキャットフードは白身魚をたっぷりと使った低脂肪で高タンパクなフードです。また、白身魚は消化吸収も良いので猫の排泄もスムーズにサポートします。

モグニャンのキャットフードには便秘対策となるサツマイモやカボチャが原材料で使用されていますので、便秘対策としても十分で安心できます。

もちろん猫にとって有害な素材は一切使用していません。

グレインフリー・白身魚たっぷり!プレミアムキャットフード『モグニャン』

カナガン
カナガンのキャットフードは人間が食べる事の出来る、いわゆるヒューマングレードの高品質で安全なフードです。

第一原料はチキンですが、これも徹底しています。そのチキンですが、鶏舎での仕切ったケース内での飼育ではなく、平飼いチキン(地面で自由に放し飼いをして飼育)なので、余分なストレスなく育った良質なチキンを使用しています。

もちろん便秘に良いとされるサツマイモも原材料に使用しています。

世界中の愛猫家から支持される、イギリス産キャットフード『カナガン』

シンプリー
シンプリーのキャットフードはサーモンをベースにニシンやマスや乾燥白身魚などを73%も配合した穀物完全不使用のフードです。

シンプリーのキャットフードはタンパク質が豊富で栄養バランスも考えられています。

また、食物繊維を多く含むサツマイモやオリゴ糖等が使用されているので、猫の便秘対策も万全です。

栄養学者と共同開発したイギリス産プレミアムキャットフード『シンプリー』

ジャガー
ジャガーのキャットフードは肉と魚をたっぷりと使った動物性タンパク質80%以上のフードで新鮮なチキンやカモ肉、サーモンやマスをたっぷりと使っています。

また、穀物完全不使用で原材料には便秘に良いサツマイモも使用されています。

プレミアムフードの中でもタンパク質の量は一番多いフードです。

愛猫との毎日を彩るプレミアムキャットフード『THE JAGUAR(ジャガー)』

まとめ

猫の健康の基本は全て食生活に掛かっていると言っても過言ではありません。プレミアムフードは多少割高かもしれませんが、愛猫の健康と長生きの事を考えたら決して高くはありません。

食生活が悪いとシニアになるにつれて健康に問題が生じ、病院に通う機会も増えるかもしれません。

ですので長期的に考えたらプレミアムフードは決して高くはないと思います。愛猫が便秘に苦しむことなく、また健康で長生きする為にもフードを見直してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク