:2018/04/04 

猫のトイレの砂の交換頻度はどれ位?交換しないと猫はどうなる?

あなたは猫のトイレの砂をどの位の頻度で交換してますか?砂の種類によっても多少は交換の頻度が違うと思いますが、あまり長い間交換しないのも良くありません。砂を交換しなくても猫は文句を言いませんが、その分行動で表します。その行動とはズバリ粗相をするようになるという行動です。

猫はきれい好きなのでトイレの砂の交換頻度が少ないとトイレで用を足さなくなります。そうなると最初のうちはトイレを我慢するようになるので猫の健康にも良くないですし、やがては粗相をするようになります。

粗相をされると一番困るのはあなた自身です。そこで今回は猫のトイレの砂の交換頻度や交換しなかった場合にどうなるか等についてのお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

砂をいつまでも交換しないとどうなる?

猫は人間が考えているよりもきれい好きです。猫を飼っているのであれば頻繁に見ると思いますが、猫は暇さえあれば毛繕いをして自分の体をきれいに保っています。

そんなきれい好きな猫ですが、当然トイレもきれいでないと嫌がります。つまり猫がトイレで用を足したら出来るだけ手早くきれいにしてあげる事が望ましいのです。

トイレの砂の交換頻度が長いと段々とトイレが汚れてきます。人間だって汚れたトイレは嫌ですよね?それは猫も同じです。

トイレが汚れていると最初のうちはトイレを我慢するようになります。そうなると膀胱炎などの泌尿器系の病気が懸念されるようになりますし、段々と粗相をするようにもなります。

トイレに不満があると、ふかふかの布団の上で粗相をするなど、トイレ以外のきれいな場所で用を足すようになってしまいます。そうなるとあなた自身が大変な思いをするようになります。

そうならない為にも猫のトイレの砂は定期的に交換しなければなりません。ではどの位の頻度で交換すればいいのでしょうか?

猫のトイレの砂の交換の頻度とは?固まるタイプの砂の場合!

先ずは砂の交換方法ですが、これには2通りあります。一つは排泄をした時に砂を部分的に捨てる部分交換です。もう一つはトイレの砂を全て捨てて新しい砂と交換する全交換です。

まずは部分交換ですが、猫が排泄をしたら基本的にはその部分をスコップなどですくって捨てると思いますが、あまりきれいに砂を取らないと段々とトイレが汚れてしまうのでトイレが臭くなります。

そうならない為にも排泄をしたあとにはケチらないで排泄物の近辺の砂を多少多めにすくって捨てた方がいいです。そうする事でトイレを少しでも清潔に保つ事が出来ます。

尚、砂を部分的に取ると当然砂が減ってきます。そうなるとトイレの底面に排泄物が直接触れてしまうので衛生的にも良くないですし、消臭効果も半減しますので猫にとっても望ましくありません。

そのようなトイレだと猫がトイレ嫌いになる原因となってしまうので、砂をすくって捨てる場合にはその分しっかりと足す必要があります。

システムトイレの場合は部分的な交換は必要ないの?

尚、システムトイレ用の砂の場合、排尿に関しては頻繁に砂を捨てなくても大丈夫です。排尿の場合には砂がおしっこを弾いて下のシートまで落ちるようになっているからです。

また、抗菌、脱臭作用がある砂やスノコの場合には臭いもある程度は防ぐ事が出来ますので通常の固まるタイプの砂と比べると、その交換頻度はかなり減ります。

少なくとも排尿に関しては部分交換は必要ありません。ただし、経験上の話をすると猫があまりにも同じ場所で排尿をした場合、いくらシステムトイレ用の砂とは言え、汚れてくる場合もありますので、週に一度位は臭いをチェックして臭くないか確認してみましょう。

尚、システムトイレの場合はおしっこを吸収するシートの交換作業があります。

これはシートの吸収力によって交換頻度が変わってきますが、基本的には商品のパッケージに交換の目安が記載されていますので、それを参考にすればいいと思います。

目安としては一般的なシートの場合には2~3日で様子をみて交換するのがいいと思います。

全ての砂を交換する頻度とは?

次は全交換の場合です。全交換とは猫砂を全て捨てて新し砂と交換する作業の事です。この全交換は通常の固まるタイプの砂でもシステムトレイの砂でも最低1ヶ月に1回は行うようにしましょう。

ただし、これは条件によっても違ってきます。例えば湿気の多い時などは1ヶ月よりも短い頻度での交換が望ましいです。

また、多頭飼いをしている場合でトイレの数が少ない場合はその分トイレの稼働率も高くなるので砂の交換頻度も増えます。

目安として猫1匹の場合には概ね1ヶ月に1回は全交換が必要ですが、あくまで目安なので3週間位したらトイレの臭いなどをチェックしてきちんと消臭効果が続いているか確認するようにすればいいと思います。

特に梅雨の時期などはジメジメしているので早目に交換した方がいい場合もあります。

まとめ

猫砂の交換は重要です。猫砂をきちんと交換しないと消臭効果が半減してトイレが臭くなります。猫はかなりきれい好きなので、トイレが臭かったり砂が少ない為に底面が排泄物で汚れていたりするとトイレを使いたがらなくなります。

トイレが汚くてトイレを我慢するようになったら膀胱炎などの泌尿器系の病気になるリスクもあります。あるいはトイレを使うのが嫌でソファの上とかカーペットなどで粗相をするようになる懸念もあります。

粗相をしたら臭いを完璧に消さないと同じような場所で粗相を繰り返す事になります。そうなるとあなた自身が困る事になります。

重要なのはトイレが汚かったり臭い場所ではないという事を猫に認識してもらう事です。その為にもトイレのチェックはこまめにしてあげましょう。人間も汚いトイレは使いたくないと思いますが、それは猫も一緒です。

猫のおしっこの臭いを瞬間消臭する方法とは?

猫はあれこれ文句は言いませんが、トイレが汚いとそれなりにストレスを抱えます。そうならない為にもトイレの砂はこまめにチェックしてきれいに保ってあげましょう!


スポンサーリンク