:2018/03/24  :2019/06/15

猫の口臭が気になる!生臭いのは病気?口臭の原因や改善の対策は?

猫好きの方はよく猫の顔に頬ずりしたりする事があるかと思います。猫と信頼関係が築けていれば猫の方も喜んで頬ずりしてくれますよね!あるいは猫の顔と同じ高さで猫を見つめると猫の方から近寄って来て頬ずりしてくれる事もあります。そんな時は至福の気持ちになるのですが、そんな幸せな気持ちが一瞬にしてかき消されてしまう事があります。

そうです、それは猫の口臭です。あなたももしかしたら、愛猫の口臭が気になった事があるのではないでしょうか?

人間でも口臭が気になる事はあると思いますが、猫の場合にはどのような理由で口臭がするのでしょうか?

あるいは口臭は何かの病気の前触れなのでしょうか?そこで今日は猫の口臭についてお話ししたいと思います。

愛猫は可愛いのですが、口臭は気になりますよね?今回は口臭の原因や病気との関連性、あるいは改善する方法などいろいろと見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

猫の口臭!生臭いのはなぜ?

猫の口臭にはいろいろな原因があります。一時的な場合や病気が関連している場合等です。例えば一時的なものとしてはフードを食べた後の匂いなどがそれに相当します。

猫は基本的には人間のように歯磨き粉を付けて歯磨きをする事はないのでフードを食べた後などは多少なりとも口臭はします。

そのフードがカリカリであればそんなに強い匂いはしないと思いますが、ウェットフードを食べた後だと多少なりとも生臭いような匂いを感じるかもしれませんね。

でもフードを食べた後の匂いは一時的なものなので問題ではありません。普段から口臭がする場合には口径内の疾患が原因である可能性も否定できません。

あなたが愛猫に近づいた時に口から生臭い匂いで思わず「うっ」となってしまった事はないでしょうか?その様な場合には注意が必要です。

猫の口臭が関係する病気とは?

口臭の多くの原因は口径内の疾患です。口径内以外の疾患が関係する場合もありますが、先ずは口径内の疾患から見ていきたいと思います。

歯肉炎、歯周病
口径内の疾患の代表的なものは歯肉炎や歯周病です。歯周病になると歯の根元が黄色や茶褐色になっている事が多いので、もしあなたの愛猫の口臭が気になるようでしたら歯の根元を確認してみて下さい。

歯肉炎は歯周病の初期症状なので中々見つけにくいと思いますが、食事の後に歯に食べかす等が残っている場合には要注意です。ウェットフードばかりを与えていると食べかすが歯に残りやすくなるので、偶には食後に歯のチェックをしてみるのもいいと思います。

カリカリはウェットフードほど食べかすが歯に残らないとは言え、食後にチェックしてみてはいかがでしょうか?

その他内蔵系の疾患
口径内以外の疾患が原因で口臭がする場合には内臓系の疾患が原因の場合もあります。内臓系が原因といっても胃や腸、あるいは肝臓や腎臓などが原因の場合もあるのですが、そのような場合には専門的な検査をしないと分かりません。

とりあえずは、愛猫の口臭が気になった時に歯の根元が黄色や茶褐色でないか見てみましょう。歯の根元が黄色や茶褐色でない場合には内臓系の疾患を疑ってみる必要があるかもしれません。

とは言え、素人では判断がつかないのでその場合には掛かりつけの動物病院で診てもらう事をおすすめします。

猫の口臭は改善できるの?その方法とは?

猫の口臭については病気が原因の場合にはしっかりと直さなければなりませんが、内臓系の病気以外の場合、つまりフードの食べかすが原因の場合にはある程度は予防する事が出来ます。

とは言っても食べかすが原因で歯肉炎や歯周病になっていたら病院に行った方がいいのですが、口臭予防という観点であれば口内のケアをしっかりとすれば口臭は防げます。

本来であれば歯磨きをしてあげる事が望ましいのですが、なかなか難しいと思いますので、歯磨きとまではいかなくても食後に食べかすを拭き取ったりしてあげるだけでもかなり違います。

猫の歯磨きに関してはこちらの記事に詳しく書いてありますので参考にしてください。

猫に歯磨きは必要ないの?歯磨きガムでもOK?嫌がる場合の対処法!

まとめ

猫の口臭に関しては「動物だから多少は臭うもの」と簡単に片づけてはいけません。猫は体の調子が悪くてもそれを訴える事が出来ないので飼い主であるあなたが気づかなければなりません。

でも口臭は普段から愛猫とスキンシップを取っていれば割と気づきやすいのではないかと思います。もし愛猫の口臭が気になるようであれば放置せずに動物病院で診てもらうことをおすすめします。

もし今現在口臭が気にならないようであっても口内のケアはしてあげた方が愛猫の為になります。愛猫の口臭が気になる前にきちんと口内のケアについて考えてあげましょう。

尚、口内のケアは本来であれば子猫のうちから習慣になっていればそんなに苦労しないかもしれませんが、既に成猫になっている場合には難しいかもしれません。

猫に歯磨きは必要ないの?歯磨きガムでもOK?嫌がる場合の対処法!

嫌がる猫に対して無理やり口内ケアをしても中々応じてくれませんので決して無理強いせずに上手くやるようにして下さい。上手くやるコツは上記リンクの記事を参考にしてください。


スポンサーリンク