:2017/09/07  :2018/02/17

猫にも寂しいという感情はあるの?寂しい時にとる行動について?

猫は気まぐれで自由気ままに過ごしているので飼い主であるあなたがいなくても寂しがらずに好きに過ごしているようなイメージがありますが、長時間の留守番は寂しくないのでしょうか?犬は長時間留守番させると「クンクン」鳴いて寂しがってるイメージがありますが、猫は基本的には単独行動ですし我が道を行く感じなので、あなたが思っているほど寂しがってい無いような感じがします。

でも実際はどうなのでしょうか?今日は猫が寂しがるかどうかについていろいろと見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

猫も寂しがるの?

結論から言うと寂しがります。もちろん個体ごとの違いはありますが、基本的には寂しがります。

我が家の猫の例で恐縮なのですが、長時間留守番させると帰宅時には玄関まで出迎えに来て「ニャー」と鳴きながら足にスリスりしてきて何かを訴えるような態度を取ります。そしてしばらくは後追いをします。

短時間の外出ならそんなことはないのですが、朝から夜まで留守番させたときには大抵すり寄ってきますし、暫くは後追いする傾向にあります。

これは我が家の猫の例ですが、中にはあまり寂しがらない猫もいます。

寂しがるかどうかは子猫時代の経験が関係しているとも言われています。つまり、子猫時代に母猫から比較的早く引き離された場合には寂しがり屋になる傾向が強いようですが、自立するまで母猫と一緒に過ごした子猫の場合は成猫になってもあまり寂しがらないと言われています。

とは言いつつもやはり性格的な部分もあるので何とも言えませんが、寂しがっているかどうかは猫のちょっとした仕草で分かる場合もあります。

寂しい時はどんな行動をとる?

猫は寂しい時にはどんな行動や態度になるのでしょうか?これも猫によって表現方法が違いますが、我が家の猫のようにすり寄ってくるケースは多いと思います。

あとはドテンと横になって「くねくね」してお腹を見せたり、背中を丸めて尻尾をぴんと立てたり、近寄って来て喉をゴロゴロ鳴らしたり等、様々な行動や態度を取ります。

これらの行動は留守番して寂しかったけど飼い主であるあなたが帰ってきたことで喜びを表現しているのです。

そんな時はしっぽの付け根の部分を撫でてあげましょう。尻尾をぴんと立ててブルブルふるわせたら喜んでいる証拠です。

その一方で、あなたが帰宅して愛猫が喜んでいるにもかかわらず、あなたが忙しいあまり猫の相手をしなかったらどんな態度をとるのでしょうか?その様な場合には邪魔をしてくるケースもあります。

例えば新聞を見ていたらその上に座ってみたり、洗濯物をたたんでいたら洗濯物に乗っかって来たり畳んだ洗濯物を崩してみたり、パソコンを始めたらモニターの前に立ちはだかって邪魔をする等、猫なりにアピールして来る事もしばしばです。

その様な時は是非ともスキンシップをしてあげて下さい。喉の下を撫でたり尻尾の付け根の部分を撫でてあげれば喜ぶこと間違えなしです。

寂しさが原因でストレスになるの?

猫は単独行動なので一人で留守番してても寂しがらないと思われがちですが、留守番が頻繁になると寂しさでストレスを受ける事もあります。

家猫は飼い主であるあなたやあなたの家族と一緒に過ごす時間が長いと思いますが、留守番の機会が増えるとやはり寂しくなるのです。寂しい機会が増えるととストレスの原因になりますが、ストレスを受けるといくつかの行動をするようになります。

例えばやたら毛づくろいをするようになったり頻繁に泣いたり粗相をしたり等、これまでになかった行動や態度をとるようになります。

基本的には猫がストレスを受ける原因は環境の変化によることが多いです。留守番する機会が増えるのは猫にとっては環境の変化と言う事になります。環境が変化すれば当然ストレスとなっていろいろな行動に現れてきます。

猫のストレスを取り除くためにはその元となった環境の変化を改善しなければなりません。かと言って留守番させないようにするのも難しい場合があります。

あなたが多忙で出かけなければならない時には愛猫に留守番してもらわざるを得ません。ですので、せめて帰宅したら思いっきり可愛がってあげて下さい。

そうする事によって猫が受けるストレスも軽減できます。寂しかった分、思いっきり構ってあげれば猫も喜びますよ!

まとめ

今回は猫の寂しさにつてい見てきました。個体によって違いはありますが、猫も寂しがりますし、寂しさが原因でストレスを受ける事もあります。

猫は犬ほど寂しさを表現しないと思われがちですが、よく観察していると寂しさを態度に表す事もありますし、ストレスのサインを発する事も多々あります。

そんな時は出来るだけストレスを排除してあげたいですね。猫を飼っていても時には長時間の留守番を頻繁にさせる事もあるかもしれませんが、そんな時には帰宅したら思い切り甘えさせてあげて下さい。

そうすることで少しでもストレスを解消してあげる事が出来ます。でも構いすぎるとこれまた嫌がる場合があります。その辺のさじ加減は飼い主であるあなたがきちんと見極めて下さいね!


スポンサーリンク