:2017/11/22  :2018/03/26

猫の抱っこ嫌いを治す事はできるの?猫を抱っこ好きにする方法とは?

猫を飼っていると可愛いあまり撫でたりするのはよくある事だと思いますが、時には抱っこしたくなることもありますよね!猫とのコミュニケーションはとても重要で信頼関係をより深く構築する為にも重要です。抱っこは手軽にできる猫とのコミュニケーションなのですが、中には抱っこを嫌がる猫もいます。

抱っこをすると喜んで喉をゴロゴロ鳴らす猫もいれば、必死で逃れようとする猫もいます。猫にもそれぞれ性格があるので抱っこを嫌う猫がいるのは分かりますが、できれば抱っこに応じてほしいものですよね。

そこで今日は猫の抱っこについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

猫は本来は抱っこが好きなの?

猫を飼っていると当然抱っこしたいという欲求にかられます。でも、中には抱っこを嫌がる猫もいます。そんな猫を無理やり抱っこしようものなら猫パンチが飛んできます。最悪の場合、至近距離からガブリとやられてしまう事もあるのでむやみやたらに抱っこできません。

その一方で抱っこが大好きな猫もいます。中には自分から抱っこをおねだりしてくる猫もいます。

我が家の1番目の猫は抱っこして欲しい時は自分から胸元にジャンプしてきます。その一方で2番目の猫は抱っこされるのが嫌いで持ち上げてもすぐに嫌がって逃げてしまいます。

抱っこが好きな猫は膝の上に乗るのも好きで、1番目の猫は膝に乗って来たり、寝っ転がっていると胸の上にちょこんと乗って来て香箱座りをします。

今もこの記事を書いているPCの前に来たので手を差し伸べたら抱っこしてきました。一方で2番目の猫はそのような事は皆無です。無理やり抱っこしようものなら大変です。

このように猫によって性格が違うので、抱っこに関しても好きな猫もいれば嫌いな猫もいます。

猫は抱っこされたい人を選ぶの?

その一方で抱っこ好きな猫でも抱っこしてくれる人を選ぶ事があります。同じ家族でも抱っこさせてくれる人と抱っこしてほしくない人を使い分けています。

この場合は比較的簡単で、やたら猫に構いすぎる人の場合は抱っこを求めません。猫は自分のしたいようにさせてくれる人が好きなので、無理に抱っこする人とか、やたら撫でたりする人を敬遠するのです。

ですので、同じ家族でも猫を無理やり抱っこしたりする人は避けられる傾向にあります。例えば猫が子供をよく避けるのは無理やり抱っこされたりするのを嫌がるからです。

とは言いつつも抱っこされまくってもそれを気にしない性格の猫もいますので、最終的にはその猫の性格に関わる部分が大きいでしょう。

猫はどんな時に抱っこされたいの?

では猫はどんな時に抱っこされたいのでしょうか?我が家の猫を見る限るでは甘えたい時に抱っこをせがんできます。また、普段構わないでいると猫の方から寄ってきて後ろ足で立って前足を上に伸ばして抱っこをせがんできます。

抱っこをすると顔をスリスりして来たり、あるいは喉をゴロゴロ鳴らしたりするので、甘えたい時や安心したい時に抱っこされたいようです。

いずれにしてもあなたに抱っこをせがんでくるのはあなたに抱っこされる事で安心したり気分が落ち着いたりする事が出来るのです。

ですので、あなたの愛猫が甘えて抱っこをせがんできたら、例え忙しくても猫の要求にきちんと応えてあげましょう。

猫の気持ち!行動や仕草から知る事ができる猫の意外な気持ちとは?

猫の抱っこ嫌いを直すには?

猫が抱っこを嫌いな場合にはどうしたらいいのでしょうか?先ずは抱っこの前に信頼関係がきちんと築けているかの確認が必要です。もし信頼関係が弱い場合には信頼関係を強くすることが先決です。

信頼関係は強いけど単に飼い猫が極端に抱っこを嫌うような場合には無理に抱っこをしてはいけません。とは言いつつも抱っこしたいですよね!そんな時は猫が甘えて来るタイミングを見計らって抱っこしてみてはいかがでしょうか?

猫が甘えたような仕草の時を見計らってスキンシップから初めて抱っこへと繋ぐのです。

例えば猫があなたにスリスりしてくる事はありませんか?そんなときはチャンスです。先ずは猫の目線まであなたの目線を下げて鼻と鼻でスキンシップします。

更に猫が最も喜ぶ部分であるしっぽの付け根部分を撫でます。そのときに猫があなたの顔にスリスりしてきたら前足のの付け根(脇)の部分に手を入れてゆっくりと抱き上げてみましょう。

そこで猫が嫌がったらすぐに離します。もし嫌がらなければそのままゆっくりと抱っこしてみましょう。

恐らく抱っこ嫌いの猫は長時間抱っこされるのは嫌なはずなのでやがては抵抗するかもしれません。そうしたらすぐに離します。

コツは猫が嫌がったらすぐに離す事です。そんな感じで何回も繰り返したら猫の方もだんだんと抱っこに慣れてきます。

まとめ

猫を飼っていると色々なスキンシップをしたくなります。一緒の布団で寝たり膝の上に座らせたり、あるいは今回のテーマの抱っこもそうです。

猫を抱き上げて抱っこしたくなることはそれなりにあると思います。でも猫によっては抱っこが嫌いな子もいますが、そのような場合には抱っこを無理強いするのはやめましょう。

無理強いすると余計に嫌われてしまいます。抱っこ嫌いの子の場合には甘えて来たタイミングがチャンスです。

甘えてきた時には今回ご紹介した方法で、少しづつ抱っこに慣れさせてみるのがいいと思いますよ!


スポンサーリンク