:2017/08/09  :2019/06/15

猫のフードの給与量!(体重×80kcal)はホントに正しいの?

みなさんは愛猫にどのくらいの量のフードを1日に与えていますか?猫に関するサイトを見ると、体重1kgに対して80kcalと書いているサイトが圧倒的に多いと思いますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?今回は猫に与える1日のフードの量につていお話ししたいと思います。

これまで猫のフードに関する記事を幾つか書いてきましたが、フードの量についてはあまり詳しく書いたことがありませんでした。

ふとしたきっかけで猫の1日の給与量を調べたのですが、大抵の猫関連のサイトには体重1kgに対して80kclaとなっています。

しかしその計算は本当に正しいのか疑問です。巷で言われている(体重×80kcal)ではあなたの愛猫は確実に猫は太ります。

その理由について徹底的に解説したいと思います。本記事を読む事で愛猫に必要なフードの量やカロリー計算の考え方が分かります。

スポンサーリンク

猫のフードの1日の給与量とは?

ふとしたことから猫に与える1日のフードの量について調べたのですが、どのサイトを見ても大体書いてあることは一緒で以下の計算式となっています。

成猫の1日の摂取カロリー   : 体重 × 80kcal
あまり運動しない猫の場合は : 体重 × 70kcal

となっています。でもちょっと待ってください。猫のフードは原材料の成分やグラム当たりのカロリーが統一されていればまだ頷けますが、それはフードによって違います。

あるフードでは380kcal/100gでも別のフードでは400kcal/100gの場合もあります。フードによってグラム当たりのカロリーが違うのに上の計算式が当てはまるとも思えません。

猫のフード!正しい給与量は?

それでは正しいフードの給与量とはどのくらいの量なのでしょうか?それはフードによって違います。なぜ違うかというとフードによって原材料やカロリーが違うからです。猫の1日の給与量はそのフードのパッケージに記載されています。

上の画像は我が家の猫に与えているフードのパッケージの画像です。このフードは380kcal/100gとなっています。それでは体重5kgの猫にこのフードを与える時の1日のカロリーを計算してみたいと思います。

体重5kgの場合、1日の給与量は65gとなっています。

カロリーに換算すると3.8kcal/1gなので 3.8 × 65 = 247kcal となります。
もし、体重 × 80kcalで計算した場合は  5 × 80 = 400kcal となります。

400kcalをグラムに換算すると 400 ÷ 3.8 = 105g となります。

そうなると105 – 65 = 40gとなりますので本来与える給与量である65gに対して105g与える事になるので40gオーバーです。

給与量を40gオーバーした場合のカロリーは 40g × 3.8 = 152kcal となるので1日の給与量で換算すると152kcalもカロリーオーバーとなります。

これでは肥満街道まっしぐらですね!

フードによっては100kcal/100gの物もありますので、そのような場合には給与量も増えると思います。

このように猫の1日の給与量はそのフードのパッケージに記載されている体重当たりの給与量を目安に与えなければならないのです。ですので、「体重 × 80kcal」 を鵜呑みにしてはいけません。

なぜ「体重 × 80kcal」が定番のように広まっているのか?

多くの猫ブログには、猫に必要な1日の摂取カロリーとして「 体重 × 80kcal」と書かれているケースが多いと思いますが、なぜそのように書かれているブログが多いのでしょうか?

恐らくではありますが、ブログを書く場合には他のブログの情報を参考にしながら書いているブロガーが多いと思います。

つまり、どこからか2次情報を探してきてそれをまとめ上げているケースが多いと思います。そのような情報のまとめ方をする多くのブロガー達によって猫のフードの給与量の定番が「 体重 × 80kcal」になってしまったのかもしれませんね。

少なくとも猫を飼っていればフードの給与量が「体重 × 80kcal」ではないという事は分かると思います。

なぜならばフードのパッケージには必ず給与量が記載されているからです。大抵の飼い主さんはフードに記載されている給与量を目安にフードの量を計って猫に与えていると思います。

ですのでこれから猫を飼おうと考えている方も猫の1日のフードの量はパッケージに記載されている給与量を目安にすれば心配いりません。

まとめ

今回は猫の1日のフードの給与量について書きました。多くの猫ブログには参考になる事も書かれているのですが、フードの給与量についてはなぜか「体重 × 80kcal」と書かれているブログが多い気がします。

しかし、「体重 × 80kcal」を鵜呑みにせずパッケージに記載されている給与量を目安に与えるようにして下さい。そうすれば極端な肥満猫になる事は避けられるはずです。

フードには給与量以外にも原材料名が書かれています。原材料名に関しては多く配合されている順に記載しなければならない決りとなっているのですが、トウモロコシなどの穀物の名前が最初に記載されているフードはおすすめできません。

猫に穀物は必要か?グレインフリーにデメリットはあるの?

猫は肉食なので上質な肉や魚を第一原料に使用しているプレミアムフードを与えれば食生活は安心と言えるでしょう。

愛猫に健康で長生きしてもらう為にもフードの事も真剣に考えてみてはいかがでしょうか!


スポンサーリンク