:2017/12/03  :2019/06/15

猫に関する悩みのランキング!猫を飼ってから困る事とは?

あなたは猫との生活で何か悩んでいる事はありますか?猫を飼う人は基本的には猫好きで猫との生活を楽しんでいると思います。その一方で猫を飼う前には想定していなかった事で困っていたり悩んでいるケースもあると思います。例えばしつけが思うように上手く出来なかったり、トイレを教えたはずなのに粗相をしたり等、考えもしなかった事で悩んでいる人もいる事でしょう。

猫が好きで飼ってはいるけどその猫からいろいろと悩まされているオーナーさんもどうやら多いようですし、中には深刻に悩んでいるオーナーさんもいます。

そこで今日は猫に関しての困りごとや悩みなどについて見ていきたいと思います。これから猫を飼う方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

猫を飼って困っている事とは?

猫を飼う前は猫との楽しい生活をあれこれ想像しますが、実際に猫を飼い始めると想定外の事で悩まされるケースがあります。

例えば我が家の場合には布団への粗相だったり、家族の一人が猫アレルギーだった事が発覚してくしゃみが止まらなくなったり、或は家具を爪でボロボロにやられたり等、色々な事で悩まされました。

確かに猫は可愛いのですが、可愛いだけでは飼えません。色々と大変な事がたくさんありますが、それらを乗り越えなければいけないのです。

困りごとのランキング

それでは実際に猫のオーナーさんから見た猫に関する悩みや困りごとについてランキング形式で見てていきたいと思います。ランキング上位からご紹介します。

爪とぎ
愛猫の行動の中で最も困るのは爪とぎです。爪とぎ用の段ボール等を与えても何のその、家具やソファーやじゅうたん、家の柱や壁など、いろいろな場所で爪とぎをします。

爪とぎをするとその部分がボロボロになりますので、高価なもの等に爪とぎをされると泣けてくる場合もありますよね!

新品の家具で爪とぎをされるのも困りものですが、猫と生活hしている以上、ある程度は仕方がないですね。去勢や避妊をしていない猫の場合には特に酷いです。

粗相
猫の粗相についても悩んでいるオーナーさんは多いです。猫は比較的簡単にトイレを覚えてくれるのですが、それでも粗相をする猫は多いようです。

「去勢したはずなのに、なぜ?」と思うオーナーさんも多いようです。粗相をされると臭い消しも大変なので困っている猫のオーナーさんも多いようです。

フードの好き嫌い
意外に多いのがフードの好き嫌いです。サンプルをよく食べてくれたので、いざパッケージを購入したものの、あまり食べてくれないなんて事はよくあります。

どうしても食べてくれないので仕方がないからウエットを与えたら飛びつくように食べた、なんて事はよくあります。

でもできればウエットではなく、カリカリを食べてほしいですよね?カリカリなら乾燥してるので与えたまま外出する事もできます。食べ物の事で悩んでいるオーナーさんは意外に多いようです。

ペットグッズを使わない
困りごとや悩み事というほどでもありませんが、愛猫が買い与えたペットグッズを使わないケースも多いようです。

使わなければ次回からそれを与えなければいいのですが、中には高価なものを使わないケースもあると思います。一番多いのはおもちゃを買い与えても見向きもしてくれないケースは多いようですね。

夜の運動会
これは多頭飼いの場合ですが、夜中に運動会を開くので眠れないというオーナーさんが多いようです。なんで夜中に?と思うオーナーさんもいると思いますが、猫は基本的には夜行性なのです。

1匹だけならおとなしく寝てると思いますが、多頭飼いの場合で特に子猫がいたら夜中の運動会は避けられないかもしれませんね。

我が家にも生後半年以内の子猫がいますが、その子を中心に運動会が夜な夜な繰りひろげられています。子猫が先住猫を追い回すのです。逃げる先住猫を追いかける子猫!さすがに毎晩だときついですよね!

誤飲等
猫はよく段ボールやビニールなどを食べます。小さなものであれば、直ぐに口に入れる猫もいます。また、紐などを飲み込むケースもありますが、腸の中で下手に絡まったらお腹を切らないと取り出せないケースもあるので、注意が必要です。

誤飲に関しては特に子猫が多いようです。我が家でも子猫がいろんなものを口に入れて困っています。

子猫はある程度大きくなると多少高い所でも登れるようになりますので、猫の口に入れやすいものがあると好奇心の強い子猫はすぐに口に入れてどこかに運んでしまいます。

まとめ

まだまだ猫に関する悩みや困りごとは沢山ありますが、今回は困りごとのランキングの上位についてご紹介しました。今回ご紹介した困りごとについて、それぞれの回避手段や解消方法などについてはまた別の機会に記事にしたいと思います。

ただ、今回ご紹介した内容については簡単には回避できないものもあります。例えば爪とぎなどは猫の習性に関わる事なので、ある程度は頻度を減らす事は出来てもゼロにはできません。

粗相についてはやり方次第で回避できるケースもあります。また、粗相をされる前提で対策グッズ等を使う方法もあります。

いずれにしても猫と共に生活するのであれば、ある程度は目をつぶらざるを得ない部分もあるでしょう。これから猫を飼う事を考えている方は今回ご紹介した事等も考慮して頂き、猫を迎えてあげて下さいね。


スポンサーリンク