:2018/06/30 

猫の放し飼いは迷惑?苦情やトラブルになるのになぜ猫は放し飼いが認められているの?

猫をペットとして飼っている方はたくさんいますが、その飼い方は大きく分けて2つあります。一つは完全室内飼いでもう一つは放し飼いです。昭和時代には放し飼いをするオーナーが多かったのですが、今は完全室内飼いをするオーナーがかなり増えています。特にここ数年の猫ブームで猫を飼う方が増えたのですが、その多くの方は完全室内飼いをしています。

その主な理由は放し飼いだと交通事故や感染症などのリスクが高いなどの理由があります。とは言いつつも猫を放し飼いで飼っている方も多くいます。

街を歩くと首輪をしている猫を見かける事がありますが、そのような猫は放し飼いで飼われている猫なのです。

しかしながら、猫を放し飼いで飼うと色々と問題がありそうですね。そこで今回は猫の飼い方について見ていきたいと思いますが、その中でも放し飼いにフォーカスしていきたいと思います。

スポンサーリンク

猫の放し飼いとは?

猫の放し飼いとは猫を家の中に閉じ込めず、自由に家の外に出すような飼い方です。これは昭和時代の猫の飼い方の主流で、猫を飼っている家庭では自由に家と外を行き来させていたのです。

現在では都心部では放し飼いはあまり一般的ではないと思いますが、郊外ではまだまだ放し飼いも多くみられるのではないかと思います。

ですので昔は街中で猫を見ても首輪をしている猫は結構いたような気がしますが、ここ最近では街で見かける猫はその殆どが野良猫です。

でも時には首輪をした猫を街中で見かける事もありますし、我が家の庭に首輪をした猫が遊びに来る事もあります。

猫の放し飼い!完全室内飼いとは何が違う?

猫の放し飼いには気になる事がいくつかあります。先ずは交通事故のリスクです。完全室内飼いの猫は交通事故には無縁ですが、放し飼いの場合にはそれなりにリスクがあります。特に交通量の多い地域などはそのリスクも高くなります。

また、交通事故以外には他の猫との喧嘩などのリスクもあります。喧嘩をした時の怪我が原因で感染症にかかる事もあります。

それ以外のリスクとしては迷子になるリスクがあります。特にオスの場合には他の猫の縄張りで喧嘩をした時に相手の猫から逃げたものの、かなり遠くまで逃げた為、帰って来れなくなるケースもあります。

我が家の庭に良く遊びに来てた近所の飼い猫も、ある日電柱に迷子猫の貼り紙がしてありました。このように放し飼いにしていると、何らかの理由で家に帰って来れなくなることもあります。そうなると飼い主さんとしてはとても心配になると思います。

それ以外では去勢避妊手術をしていないとまた別の問題が発覚します。特にメスの場合には放し飼いにしていると100%妊娠します。オスの場合にはどこかの野良猫を妊娠させることになります。

このように猫を放し飼いで飼うといろいろと問題があります。それ以外ではどのような問題があるのでしょうか?

猫の放し飼いはどんな 点で迷惑か?

猫を放し飼いで飼っている家が近所にある場合には野良猫の被害と同じような被害を受ける事になります。その主な被害とは糞尿被害です。

猫を放し飼いで飼っていると近所の家の庭等で糞尿をして迷惑をかける事があります。被害にあった方はその度に理不尽な思いをしながら後片付けをしなければなりません。

しかし、大抵の猫はまた同じ場所に糞尿をしに来るので、当分は迷惑をかけ続ける事になります。このように猫を放し飼いで飼うと少なからず近隣に迷惑をかける事になります。

猫の放し飼い!法的な問題はあるの?

それでは猫を放し飼いで飼う事に何か法律的な決まり事などあるのでしょうか?

基本的には猫の放し飼いを禁止する法律はありません。というよりはむしろ放し飼いが認められています。

犬は放し飼いが禁止されていますが、猫の場合はそれが認められているのです。その主な理由は猫の生態や習性に関係しています。

つまり、動物愛護に関する法律では動物を飼育する時にはその動物の生態や習性、生理などに従って飼育すべきとしているのです。その観点から考えると猫は縄張りを持ち、その縄張り内で行動する事からも放し飼いが認められているのです。

しかし、猫を放し飼いで飼っていると糞尿被害などで近隣に迷惑をかける事がありますが、それでも放し飼いは問題ないのでしょうか?

『動物愛護に関する法律』には「他人に迷惑をかける事がないようにしなければならない」と定められています。つまり放し飼いは認められていますが、他人への迷惑がかからないようにしなければならないのです。

まり、放し飼いをしている飼い主は他人への迷惑が掛からないようしなければならないのです。放し飼いで他人に迷惑がかかる以上、最善策は完全室内飼いという結論になります。

尚、動物愛護管理法では猫の放し飼いが認められてはいるものの、環境省では猫を屋内で飼う事を推奨しています。

まとめ

猫を放し飼いで飼うと少なからずリスクにさらされる事になりますし、近隣にも迷惑が掛掛かります。

確かに放し飼いだとトイレも外で済ませてくるので家の中で粗相をされる心配も無くなるかもしれません。しかし、その分近隣に迷惑をかけている事になるのです。

猫の放し飼いは近隣とのトラブルへと発展するケースもありますし、最悪の場合には放し飼いの猫を確保され、首輪を外されて保健所に連絡されてしまう事もあるかもしれません。そんな最悪のケースに会わない為にも猫は屋内で飼うようにした方が安全です。

猫を屋内で飼うと、放し飼いよりは行動範囲が圧倒的に狭くなります。しかし、きちんと環境を整えれば猫は屋内だけでも心身ともに健康に過ごす事が出来ます。

それに放し飼いだと猫の健康管理も完全には出来なくなりますので、愛猫を健康で長生きさせるためにも完全室内飼いは重要です。


スポンサーリンク