:2018/09/02  :2019/06/15

スマホで猫の留守番を監視できる見守りカメラ!購入後の初期設定で絶対に怠ってはいけない事とは?

一人暮らしや共働きで猫を飼っている場合には猫を朝から晩まで留守番させなければなりません。猫は犬と違ってあまり寂しがらないので留守番させても問題ないと考えている人も多いと思いますが、それは猫によって違います。確かに留守番が平気な猫も多くいますが、物凄く寂しがる猫もいます。

寂しがる猫は飼い主さんが帰宅した時には玄関まで迎えに来てくれることでしょう。そんな寂しがり屋の猫が留守番をしてるかと思うと飼い主であるあなたも非常に気になると思います。

そこで今回は猫の留守中の状況をスマホで確認出来るウェブカメラを見ていきたいと思います。

値段もピンキリで高い商品もありますが、今回は安くて最低限必要な機能が揃っている商品も見ていきたいと思います。

また、ネットワークカメラはセキュリティー設定を怠ると第三者にアクセスされる危険性があります。つまり第三者がスマホやパソコンであなたの部屋を覗く事が出来てしまうのです。

そうならない為にもしっかりとセキュリティー設定をする必要がありますが今回はその辺のお話もしたいと思います。

スポンサーリンク

ペットの監視や見守りに使えるカメラとは?

俗にいうペットカメラや見守りカメラとは平たく言えばネットワークカメラの事です。基本的にはインターネット経由でカメラに映しているライブ映像を外出先などからスマホでも見れるような機能を持ったカメラの事で、その多くは防犯や見守りを目的に使用されています。

以前はこの手の事をすると物凄く費用がかかったのですが、最近はかなり安い金額で実現できるようになりました。

また、Wi-Fi対応やバッテーリー式の製品も多いので設置場所に悩む事もありません。

ネットワークカメラがあればスマホからその映像を確認できますので、愛猫が留守番をしていても外から様子がうかがえるのは嬉しい限りですね。

ペットの監視用カメラの値段は?機能的に歯どんな事が出来るの?

ネットワークカメラと言ってもピンキリで値段の幅はかなり広いです。安いものでは5,000円でおつりがくるものもあれば、10万円位するものもありますしそれ以上の物もあります。

因みに値段が高いカメラは基本機能が優れています。例えば解像度が高かったり広角で広い範囲が撮影できたり暗くても撮影ができる暗視カメラの機能がついていたり等、基本的な機能が安い機器よりも優れています。

しかし我々はプロではないので基本的な機能がしっかりと網羅れされていれば問題ありませんし、撮影クオリティもある程度の基準をクリアしていれば問題ありません。

それではネットワークカメラの基本的な機能について見ていきたいと思います。ネットワークカメラで出来る事は色々ありますが購入する際に最低限必要な機能について見ていきたいと思います。

Wi-Fi接続

カメラは部屋を見渡せる場所に設置すると思いますが、ワイヤレス接続であれば設置場所に困る事はありません。それにしばらく使ってみて設置場所を変更する可能性もあると思います。

そう考えるとWi-Fi接続は必須となります。とは言いつつも今はどんな製品であっても大抵はWi-Fi対応となっていますので安心ですね。

遠隔操作が簡単

ペットカメラの良い所はスマホのアプリからカメラで映しているライブ映像をリアルタイムで見れる事です。

でも愛猫が映っていなかったらどうでしょう?カメラの死角などにいる場合にはせっかくペットカメラがあるのに意味がありません。

そんな時にはカメラをリモート操作して上下左右に動かす機能があればより広い範囲を見渡す事が出来ます。

あなたの愛猫がカメラの死角に移動しても遠隔操作ができれば死角をとらえる事も出来るのです。

動画や静止画が記録できる

これは必須ではありませんが、撮影機能があればあなたの愛猫の留守中の可愛いシーンを動画や静止画に収める事も出来ます。

セキュリティー機能を怠るとどうなる?

数年前、世界中のネットワークカメラの映像がネット上に流出する、といったニュースが話題となりました。

これは世界中のネットワークカメラに映し出されている映像がロシアのあるサイトで配信されたのです。

なぜこのような事になったかというと初期設定されているパスワードを変更しなかったネットワークカメラの映像が流出してしまったのです。

ネットワークカメラは一般的には IDとパスワードで保護されて今るのですが、カメラ購入時に設定されている初期パスワードは全て共通でその機種のマニュアルに掲載されています。

また、ユーザ名などはメーカーによっては『User』等の分かり易い名称に固定しているケースも多いです。そうなると後はアクセスするアドレスが分かればアクセスできてしまいます。

アクセスすべきアドレスもメーカー名のドメイン名が分かればある程度絞り込めてしまいます。現にそのロシアのサイトを見ると世界中のネットワークカメラの映像が今でも見れます。

ですので、ペットの監視や見守り目的でネットワークカメラを購入したらすぐに初期パスワードを変更する必要があります。

さもなくば第三者がこっそりあなたのネットワークカメラに映し出されている映像を見てしまうリスクがあります。

ペットカメラのおすすめは?

それではここからはおすすめのネットワークカメラをご紹介したいと思います。値段が高いとそれなりに性能も良いのですが、ここではリーズナブルで基本機能が網羅された機種をご紹介します。

ベニーモニター


ベビーモニター 防犯カメラ ペットモニター Vstarcam C7823 ワイヤレス 無線WIFI MicroSDカード録画 100万 200万画素 電源繋ぐだけ 簡単設定 屋内用 監視 ネットワーク IP WEB カメラ 赤外線 モーション探知 宅配便送料無料 PSE 技適マーク 1年保証 K&M

こちらの商品は5千円台であるながらも基本的な機能を網羅しています。初回セットアップ時には有線LANが必要ですが、その後はWi-Fiで使用可能です。

また、フルHDの高解像度で夜間でもLED照射による暗視カメラ機能が付いています。更には静止画や動画の撮影も可能となっています。

また、トーク機能とリッスン機能を使えばカメラに音声を送ったりカメラのマイクで拾った音声を聞く事が出来ます。カメラの操作もスマホから簡単に操作できます。

アボットライリー



【送料無料】 ライオン事務器 【1500円OFFクーポン 9/1 00:00〜9/3 23:59】[iOS/Android対応] 移動型カメラ付きロボット 「アボットライリー(appbot RILEY) RILEY-17」 RILEY-17

こちらのカメラはちょっと面白い製品です。一般的なネットワークカメラは決った場所に設置して使用する定点式ですが、今回ご紹介するのは自走式のカメラロボットです。スマホの操作でカメラロボットを好きな場所に移動する事が出来ます。

猫は昼間に寝ている時間が長いとは言え、他の部屋に移動する事もあると思いますが、そんな時にはスマホでカメラロボットを移動させる事が出来ます。操作はラジコン間隔で誰でも簡単にできます。

こちらの製品は自走式なのでバッテリー駆動です。バッテリーは充電ステーションで充電できます。充電ステーションの近くまでカメラロボットを移動させると自動的に充電台が適切な位置まで回転してドッキングをサポートします。

もちろん他のネットワークカメラ同様に基本的な機能は網羅しています。

まとめ

ネットワークカメラがあれば愛猫を留守番させていても自宅で何をしているのかが手に取るようにわかるので心配性のあなたでも一安心ですね。

今まで愛猫の留守番が気が気ではなかったあなたもネットワークカメラがあれば、ある程度は安心できるのではないでしょうか?

あとは初期パスワードをしっかり変更しておけばセキュリティー面でも安心ですね。

ネットワークカメラは価格もお手頃なものが多いので購入のハードルも低いと思いますが、何よりも外出中など自宅にいない時でも愛猫の様子がうかがえるのはうれしい限りですね!


スポンサーリンク