:2018/02/11  :2019/01/03

キャットロボットオープンエアー!猫の最新の自動トイレは役に立つのか?

猫を飼う上で最も大変な世話の一つがトイレ掃除でしょう。猫は一日に何度かトイレに入りますが、基本的にはきれい好きなので、猫がトイレで用を足した後は出来るだけ早くトイレの掃除をする事が望ましいのです。でも、あなたもそれなりに忙しいのですぐにトイレ掃除ができない事もあるでしょう。

そんな時に自動トイレがあったらかなり便利だと思いませんか?自動トイレがあればトイレに関わるのは基本的には週に1回程度で済みます。

通常のトイレだと一日に数回トイレ掃除をする必要があります。もし多頭飼いならその労力は2~3倍と膨れ上がるでしょう。でも自動トイレの場合は多頭飼いでも週1回位で済むわけです。忙しいあなたにとっては物凄く便利でありがたい話ですよね!

でもちょっと待って下さい。自動トイレは本当にメリットだけなのでしょうか?デメリットはないのでしょうか?

私は以前キャットロボット(リッターロボ)を使っていた事があるのですが、実体験を交えた感想やメリット、デメリット、なぜ使うのをやめたのか等、リアルな体験をもとにお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

猫の自動トイレを購入したきっかけとは?

私がキャットロボットを購入したのは2010年です。それから3年程度はキャットロボットを使っていました。キャットロボットを購入しようと思った理由は猫が1匹増えたからです。それまでは1匹しか猫を飼っていませんでしたが、2010年に2匹目を迎えた事がきっかけでした。

通常、猫のトイレは頭数プラス1個と言われています。当時の我が家では2匹目を迎えた事から猫のトイレは3個ある事が望ましかったのですが、3個もあるとさすがに場所を取るので何かいい方法はないかと考えていたのです。そんな時に自動トイレの存在を知ったのでした。

そこで自動トイレについていろいろと調べて何種類かの製品を自分なりに検討した結果、キャットロボットを購入する事に決めたのです。

主な決め手は故障率の低さです。他の自動トイレはレビューなどを見ると故障についての意見が多かったのですが、キャットロボットは故障については皆無でした。多少値段は高かったのですが「故障しないのであれば」、という事でキャットロボットの購入を決めたのでした。

決めたら行動は早かったです。家族には充分に説明もせずに楽天で注文したのでした。それから数日後、我が家に初めて自動トイレが来ました。

2010年式のキャットロボットは現行モデルよりも恐らく3世代位は古いと思います。デザインも現行モデルの方が洗練されていますが、基本的な形は大きくは変わりません。細かな部分はさておき、見た目で大きく変わった部分は操作パネルが正面から右側に移動した事と入り口が大きくなった事です。

そんなキャットロボットですが、初めて見た感想は「大きい!」の一言でした。確かに一般的な猫のトイレよりは大きいですね!因みに高さは約70cmで重量は約10kgありますので移動するもの大変です。

でもこれからはこの1台があれば『多頭飼いでも猫のトイレ掃除が楽になる』と期待していたのでした。

猫の自動トイレ!猫は何のためらいもなく使ってくれるのか?

キャットロボットを使うに当たってどうしても心配な事がありました。それは我が家の猫が使ってくれるかどうかです。

「もし使わなかったらどうしよう・・・」、値段もかなり高いので使ってくれなかったら完全な宝の持ち腐れです。「もし使ってくれなかったら知り合いにでもあげよう・・」などと考えながら猫砂を入れてキャットロボットを設置しました。

結果的には問題なく使ってくれました。キャットロボットを設置した時には興味津々でキャットロボットの周りをうろちょろしてました。猫が興味を持ったらこっちのもの、あとは猫が安心できる状況を作り出せばいいのです。その状況とは匂いです。

キャットロボットに入れた砂にそれまで使っていた猫砂を少しでいいので混ぜてやるのです。そうする事で猫は自分の匂いがするので安心するのです。因みにこっちも安心しましたけどね!

キャットロボット!実際に使った感想は?

キャットロボットを使った感想はとにかく手間がかからないという事です。猫が用を足してキャットロボットから出てくると数分後にドーム部分が回転して排泄物がコンテナの中に入ります。実にうまくできた仕組みだと思いました。

それに猫がドームに入っている時には回転しない仕組みとなっているので安全面もしっかりとしています。やはり一番のメリットは日々の掃除が必要なくなった点です。

システムトイレの場合でも1日に1回位はスコップで宝探し(便の掃除)が必要です。でも自動トイレの場合には完全にトイレ掃除から解放されます。あとは週1回程、コンテナに溜まった排泄物を捨てるだけです。

コンテナには予めビニールをセットするので排泄物が溜まったらビニールを縛って捨てればOKです。ビニールを捨てた後は次の為にビニールをセットすればそれで終わりです。

キャットロボットの砂の飛び散りは?

砂の飛び散りに関してはケースバイケースとしか言いようがありません。基本的には猫がドームの中に入るのであまり砂は飛び散らないのですが、ドームから出てくるときには多少なりとも肉球の部分に砂が挟まっているのでそれらが散らばります。

仮に砂を激しく掘ったとしてもドームの中であればそれほど砂は飛び散りません。少なくとも通常の猫トイレよりは砂の飛び散りは少ないです。あえて工夫するとすれば出口にマットを敷くなどすれば多少は改善します。

キャットロボット!使って気になる点は?

キャットロボットを使って気になる点はコンテナに溜まった排泄物の匂いです。排泄物を捨てる為にコンテナを開けるとかなり匂います。何しろ一週間分の排泄物が溜まっている訳ですからね!

私はこの匂いを少しでも何とかしようと思い、消臭剤を入れてました。脱臭効果の強い消臭剤を2個入れてると、ある程度は匂いも気にならなくなります。とは言ってもコンテナを開ける時だけの話なので普段は匂いません。

キャットロボットのデメリットは?

それではキャットロボットのデメリットについてのお話です。良い事尽くめの自動トイレと思いきや、通常のトイレに勝てない部分もあります。

先ず第一に掃除が面倒です。暫く使っていると内部が汚れてくるので12ヶ月に一度位は掃除をするのですが、何しろ大きいので掃除が大変でした。

それにパーツがある程度分解できればいいのですが、当時のモデルはそれも出来なかったので苦労した記憶があります。特に砂が入っているドームは入り口が小さいので中をきれいにするのがひと苦労でしたね。

私がキャットロボットの使用をやめた理由の一つは掃除の大変さです。とにかく便利なのですが、掃除が大変でした。掃除のしやすさは通常のトイレに軍配が上がります。

因みに最新のキャットロボットは分解ができてドームの入り口も改良されて大きくなっていますので掃除が楽そうですね!

次に感じたデメリットは猫の便の状態の確認についてです。通常のトイレであれば掃除をしながら猫の便の状態を見る事が出来ます。便の状態の確認は猫の健康を知る上でとても重要なのです。

自動トイレだと勝手にコンテナに溜まっていくので便の確認という観点では通常のトイレに軍配が上がります。ただし、1日に1回コンテナの中を見るようにすれば便の状態も確認できます。

それ以外のデメリットとしては値段が少々高い事かも知れません。何しろ猫のトイレでありながら7万円台後半ですからね!でも仮に3年間使うと仮定しましょう。稼働率は毎日です。価格が78,000円と仮定した場合、3年間は1,095日なので一日当たりのコストは以下のようになります。

78,000÷ 1,095(日) ≒ 72/

1日当たりのコストが72円程度ならそんなに高いものではないですね。

仮に5年使ったとした場合には以下のようになります。 

78,000÷ 1,825(日) ≒ 43/

さらに安くなります!確かに定価は高いですが、3年とか5年使う事を考えたら物凄く良いコストパフォーマンスですよね!しかもトイレ掃除から殆ど解放されるのですから。考えようによっては安いという事になりますね!

それ以外にデメリットはなかったと思います。故障した事もないですし、その他のトラブルもありませんでした。

やはり私が感じた最大のデメリットは1~2ヵ月に一度の掃除でしたが、最新式のキャットロボットは掃除がしやすいように改良されているのが嬉しいですね!


【送料無料!】新型キャットロボット オープンエアー【米APCP社Litter Robot】センサー付き全自動ネコ用トイレ

キャットロボットを使うのをやめた理由とは?

キャットロボットは掃除が大変ながらも便利だったのですが、結局使うのを止めました。その主な理由は2番目の子が尿路結石になってしまった事がきっかけでした。つまり排尿の回数や量を監視しなければならなくなったからです。

自動トイレではその監視が難しかったのです。そこでキャットロボットの使用をやめて普通のトイレに紙の猫砂を使うようにしたのです。

使っているのはおしっこをするとブルーに変わる紙の猫砂なので、排尿をすれば紙がブルーになって固まるので分かります。それに固まりの大きさで排尿の量もある程度は分かりますので排尿の監視には持って来いでした。

とは言いつつも、今考えるとキャットロボットのような便利な物を使うのを止めたのはもったいなかったと思いますが、当時としては仕方がなかったと思っています。

でも今は2番目の子も健康ですし猫も3匹に増えたので、またキャットロボットを購入するのもありかなと考えています。現行モデルは2010年当時のモデルよりも改善点が多いので期待できます!

まとめ

キャットロボットがあればトイレ掃除を気にする必要がなくなりますので帰宅が遅くなっても問題ありません。ですので仕事が遅くなった時やプライベートな急用が入った時でもそちらを優先する事が出来ます。もし普通のトイレを使っていた場合には何かと気になりますからね!

それに猫がトイレで用を足した後、いつまでも掃除をしないと猫も困りますし、粗相をする原因にもなります。

キャットロボットがあれば猫が常にきれいなトイレを使える事はもちろん、あなた自身もトイレ掃除に時間を取られる事がなくなります。

つまり、あなたの生活品質も向上するのです。更に自動給餌器と自動給水器があればあなたの生活は大きく変わります。

猫の自動給餌器でカメラ付きのカリカリマシーンSPはおすすめか?

朝の出勤前に愛猫にフードを与えたりトイレの世話をするのは意外と大変ですが、キャットロボット、自動給餌器そして自動給水器があれば猫の世話の大変な部分が自動化されます。そうなると帰宅が遅くなっても心配いりませんし、数日間の旅行に行く事も夢ではなくなります。

猫に自動給水器はおすすめか?メリットとデメリットについて!

世の中には猫が大好きで猫を飼っている方も多いのですが、それ故に時間的な自由が制限されるケースも多々あります。でもこれらの便利グッズがあれば愛猫と幸せに暮らしながらあなた自身も時間に縛られる事無く自由に過ごせるのです。

この際全部揃えてみるのも良いかもしれませんね!キャットロボットは一見高価に思えますが3年使うと仮定した場合は一日のコストが僅か72円程度で済むのはうれしいですね!


スポンサーリンク