:2018/03/14  :2019/03/20

猫の保険は雑種でも入れるの?年齢不詳の場合や保険料の違いについて!

日本で飼われている猫の内、8割は雑種で残りの2割が純血種と言われています。また、保険に加入している猫は全体の7%程度とも言われていますので、保険に入っている猫の頭数がかなり少ない事が分かります。その保険に加入している猫の中で雑種はどの位の割合なのでしょうか?

今回は猫の保険に関するお話をしますが、主に雑種にフォーカスしていきたいと思います。純血種よりも病気になりにくくて寿命も長いと言われている雑種ですが、果たして保険の加入率はどの程度なのか?

あるいは保険料は純血種よりも安いのか?雑種が保険に入る為の条件など、いろいろと見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ペット保険!雑種猫の加入率は?

日本のペット事情は欧米と比べると色々な面で遅れています。何しろ欧米はペット先進国と言われていますが、それに対して日本はペットに関しては遅れている部分が多い状況です。

ですので、ペットに関しては発展途上国と言われても仕方がない部分もあります。今回のテーマである保険についてもそうです。

日本では犬と猫の保険加入率が10%にも満たない状況なのですが、ペット先進国の一つであるイギリスは何と25%の加入率なのです。この状況から見ても日本はまだまだ遅れてると言えるのではないかと思います。

そんな中、日本の猫の保険加入頭数で雑種の割合はどの位なのでしょうか?あくまで概算ですが、現在の猫の飼育頭数が952万6千頭に対してその内保険加入している猫が約10%未満なのでその頭数は約95万頭です。

日本の猫の飼育頭数の8割は雑種なので、単純に保険加入している猫の8割を雑種だと仮定した場合、76万頭の雑種猫が保険に加しているという事になります。

ただし、これはあくまで仮説です。いろいろ探してみたのですが、雑種猫の保険加入割合のデータが見つからなかったので統計データに基づいて算出してみました。

でも実際には純血種の保険加入割合はもう少し高いような気がします。

あくまで予想ですが、純血種は高いお金を払って手に入れた猫なので、保険などの加入率も高いような気がします。雑種の猫は多くの場合、純血種のような多額のお金を払って手に入れる事はないと思います。

お金がかかってないから保険にも入らないと言う訳ではありませんが、純血種を飼っている家庭の世帯年収が高いという統計もありますので、そう考えると純血種の保険加入割合ももう少し高いと思われます。

雑種の猫が保険に入る条件とは?

それでは雑種の猫が保険に入る為の条件とは何でしょうか?それはずばり年齢です。保険に入るには年齢が明確であることが条件です。

また、保険加入は年齢によって金額が変わりますので年齢は重要となります。ただし、雑種の場合は純血種のように血統書がないので年齢が証明できない場合がほとんどです。

年齢が証明できない場合にはどうすればいいのでしょうか?

その様な時には獣医に調べてもらう事になります。獣医に調べてもらう事で推定年齢が分かれば保険に加入する事が出来ます。

ですので雑種が保険に入る場合にはあらかじめ年齢を確認しておく必要があります。

尚、年齢については保険会社にもよりますが、自己申告でOKです。ただし、医師の証明が必要なケースもあるようです。

さて、年齢が分かったら保険料も算出できますが、純血種と比べたら雑種は保険料が安いのでしょうか?

保険料は純血種よりも安い?

多くの保険会社では雑種も純血種も保険料は変わりませんが、保険会社によっては雑種の保険料を安く設定している会社もあります。

恐らく雑種は純血種と比べて病気になりにくい事が関係しているのだと思うのですが、どうせなら安い保険会社の方がいいですよね?

ただし全体的なプランを見比べて長期的に安心できる内容であればいいと思います。

尚、雑種猫の保険料が安い保険会社は「アクサ損害保険」と「日本アニマル倶楽部」となります。どちらの保険会社も雑種猫は純血種よりも安いのですが特に「日本アニマル倶楽部」は割引率が高いです。

雑種猫におすすめの保険とは?

多くの保険会社では雑種猫も純血種も同じ保険料ですが、中には雑種猫の保険料を安く設定している保険会社もあります。その保険会社とは「アクサ損害保険」と「日本アニマル倶楽部」です。

どの位安いかは猫の年齢によっても違うのですが、「日本アニマル倶楽部」はかなり安くなっています。

ペット保険の資料一括請求サービス

上記リンク先のサイトでは11社の保険会社の料金比較ができます。リンクをクリックして比較ページを開くと「保険料かんたん試算」と記載されている部分があります。

そこでペットの種類を選択し、更に品種ではミックス(交雑種)を選択します。更に猫の年齢も選択して最後に保険料を試算すると記載されたボタンをクリックすると11社の保険会社の保険料が比較できます。

純血種と雑種の保険料を比較した場合、「アクサ損害保険」と「日本アニマル倶楽部」の雑種の保険料が安い事が分かると思います。

各社それぞれ特徴があると思いますが、値段も選定基準の重要な要素ですので、雑種の保険料を安く設定しているアクサ損害保険」か「日本アニマル倶楽部」で検討するものありではないかと思います。

因みに上記サイトでは無料で資料の一括請求もできますよ!

まとめ

今回は雑種猫の保険について見てきました。確かに雑種の場合には生年月日がハッキリとは分からないケースもありますが、獣医に調べてもらった推定年齢で保険に入れるのであれば安心ですね。

猫の保険の資料請求は必要か?なぜスマホで保険を検討してはダメなの?

純血種も雑種も飼ってしまえば家族同然!ですので、保険についてもしっかりと考えてあげたいですね!


スポンサーリンク