:2017/10/18  :2019/06/15

猫の目ヤニの原因や上手な取り方とは?危険な目ヤニの見分け方!

猫を飼っていると意外に目ヤニが気になると思います。猫の目ヤニを見る事は多いと思いますが健康面では問題ないのでしょうか?目ヤニが多いと目の病気なんかも気になりますよね!また、目ヤニの色も何種類かあるので気になると思います。実は目ヤニには問題ない目ヤニと気を付けなければならない危険な目ヤニがあるのです。

そこで今日は猫の目ヤニについてのお話をしたいと思います。猫の目ヤニの原因や対処方法を知っておけば、いざと言う時に焦らずに済みますからね!

スポンサーリンク

猫の目ヤニは病気のサイン?

猫を飼っていると体のいろいろな症状が見られると思います。例えば鼻水やくしゃみ、あるいは涙が出たり咳が出るなどの症状があると思いますが、目ヤニもそんな気になる症状の一つです。

そして、目ヤニは猫の症状の中でも最も多くのオーナーさんが気になる症状なんです。目ヤニにもいろいろありますが、そもそも目ヤニが出るのは異常なのでしょうか?

気になる目ヤニの正体ですが、実は単なる老廃物なのです。何の老廃物かというと、古くなった細胞等が涙の中に含まれている粘液に混ざって出来た老廃物なのです。

ですので、目ヤニが出るという事は老廃物を体の外に出している事になります。

もちろん程度にもよりますが、基本的には少量で色が茶褐色(チョコレート色)の乾いた目ヤニであれば心配いりません。

気を付けなければならないのはどんな目ヤニ?

健康な猫であれば茶褐色の乾いた目ヤニが出ますが、乾いておらずにねっとりしていたり色が茶褐色以外の目ヤニが出ている場合には注意が必要です。

また、茶褐色でも量が多かったり片方の目だけが異常に量が多いような場合も気になります。このような場合には体になんらかの不調がある可能性があります。

不調というと気になりますが、例えば片方の目だけ目ヤニが出ていたりする場合には目の怪我が原因で目ヤニが出た可能性があります。

喧嘩で怪我をした場合などは傷口の辺りが膿んだりしてねっとりした目ヤニが出る場合があります。

ですので、片方の目から大量の目ヤニが出たり、茶褐色以外のねっとりした目ヤニが出ているような場合には注意が必要です。直ぐに病院に行った方がいいでしょう。

それ以外の場合、つまり両目からの目ヤニで茶褐色以外の目ヤニだったりねっとりした目ヤニの場合にも注意が必要です。何らかの感染症の可能性があります。

感染症と言っても色々ありますが、例えば猫風邪の場合にも目やにが出るケースが多いです。感染症の種類はたくさんありますが、目ヤニが出た場合にどのような感染症に掛かったかは専門医でないと分からないので病院で見てもらう事をおすすめします。

それ以外に考えられるケースとしてはアレルギーがあります。特に多いのがキャットフードに含まれている人口添加物です。

香料や着色料等の人口添加物によってアレルギーを引き起こすケースがあります。これらの人口添加物は安いキャットフードに含まれていることが多いので、愛猫の為にもプレミアムフードに変えてみてはいかがでしょうか?

目ヤニの上手な取り除き方は?

茶褐色の乾いた目ヤニが少量であれば問題ない事は分かりましたが、それでも目ヤニが出ていると気になってつい取り除きたくなりますよね!

でも気を付けて下さい。下手に目の辺りをいじって眼球を傷付けたら大変です。目ヤニを取り除く時は慎重に行いましょう。

目ヤニを取る時にはコットンを湿らせて軽くふき取るような感じで取り除いてく下さい。手で目をこするようにしても取れますが、目にばい菌が入ったりあるいは眼球を傷付けてしまったら大変です。面倒でも慎重に行いましょう。

因みにウエットティッシュなどは除菌成分が含まれている場合があるので使わないようにしましょう。コットンを水で湿らすのが一番安全です。ティッシュでもいいのですが、溶けやすいのでやはりコットンがお勧めです。

目ヤニが取れない時は?

目ヤニをいつまでも取り除かないでいると固まって取りずらくなります。そうなった場合には出来るだけ水でふやかすようにします。

場合によってはぬるま湯でふやかしながら眼球を傷付けないように目ヤニを取り除いてあげましょう。それでも目ヤニが取れない場合には無理せずに獣医さんにお任せしましょう。

まとめ

今回は猫の目ヤニについてお話ししました。猫は体の不調を訴える事ができませんので、飼い主であるあなたが異変に気づいてあげる必要があります。

猫の体に不調がある場合には何らかのサインを発しますが、目ヤニも体の不調を訴えるサインの一つとなります。

健康な猫でも普通に目ヤニが出るので、つい見落としがちですが、ポイントは茶褐色で乾いた少量の目ヤニ以外には注意が必要だという事です。

朝起きた時には愛猫と顔を合わすと思いますが、その時に目ヤニのチェックもしてあげて下さい。また、健康な目ヤニでもいつまでも取り除かないと固まって取り除くのが大変になります。

猫が顔を洗う時は前足を舐めて顔をこすりますが、その時にうまく目ヤニが取れない事があります。そんな時には飼い主であるあなたが目ヤニを取り除いてあげて下さい。

たかが目ヤニと思いがちですが、目ヤニの状態一つで愛猫が健康かどうかある程度はわかるので、愛猫の健康の為にも目ヤニのサインを見落とさずにしっかりとチェックしてあげましょう!


スポンサーリンク