:2017/05/29  :2019/01/18

猫の粗相の原因と対策!トイレを覚えたはずなのになぜトイレ以外でおしっこするの?!その理由とは?

猫を飼っていると一度や二度は必ず訪れるトイレの悩み。子猫の間にちゃんとしつけたはずなのに、なぜか粗相をしてしまうこともあるんです。臭いや後始末も大変なので、できれば粗相はしないでもらえるほうがいいですよね。猫が粗相をしてしまうのには、何か原因があります。

その原因をしっかりとつきとめ、対処してあげることで、粗相をすることもなくなります。今回は、猫が粗相をする理由やその対処法についてお話しします。

おうちの猫ちゃんの粗相がいったい何を原因にしていることなのか、しっかり突き止めていきましょう。

スポンサーリンク

トイレを覚えたのに粗相をする理由とは?

猫の粗相には必ず理由があります。可能性を一つずつ探って、原因を突き止めましょう。まず、本当に粗相なのでしょうか?猫にはスプレーという習性があります。

去勢前のオスに見られやすい行動ですが、去勢が済んでいるオスやメスでも行うことがあります。スプレーと粗相の大きな違いは、している場所と臭いです。

スプレーは床ではなく、猫のおしりやそれよりやや高めのところに吹きかけていることが多く、しかも臭いがとても強烈です。粗相との違いはすぐに判断できるでしょう。

スプレーでなければ粗相の原因を見つけなければなりません。何度も繰り返しますが、猫が粗相をするのには、必ず理由があります。

猫は気まぐれな生き物ですが、わりときれい好きなほうで、縄張り意識も強い動物なので、とくにトイレに関しては神経質なのです。

理由によっては、大きなストレスになって猫自身が体調を崩すことになってしまったりもしますので、放っておくわけにはいかないからです。

猫が粗相をする原因や理由を考える!

では、どうして粗相をするのかについて考えましょう。まず考えられるのは、トイレの環境が良くない、ということです。

猫はきれい好きなので、トイレがきれいでないと用を足したがりません。トイレはきれいですか?前の排泄物が残っていませんか?トイレはこまめに掃除してあげましょう。

日中は留守にするというおうちならデオトイレといった機能性トイレを使うことも考えましょう。もし、多頭飼いで何匹も猫がいるなら、家の何か所かに猫の数よりも1つ以上多めにトイレを置くようにしてあげてください。

トイレのない部屋に閉じ込めたりはしていませんか?これは我が家であったことなのですが、我が家では飼っている猫を夜は寝室に連れて行って一緒に眠るようにしています。そのさい、うっかり扉を締め切ってしまって、猫が外のトイレに行けなくなってしまったことがありました。

夜中目が覚めたら、すでに粗相をしてしまっていて、一生懸命してしまったあとを隠そうと奮闘している姿を見つけて、かわいそうなことをしたな、と飼い主側が反省したことがありました。

これも重要なポイントなのですが、猫が粗相をするときには強いストレスを抱えている、もしくは何らかの病気にかかっているという場合があります。

留守番が異常に長い、ほかの猫に意地悪されている、などストレスの原因になるようなことは思い当たりませんか?

または、猫が一か所にじっと丸まって具合が悪そうだ、エサの減りが少ない、など体調がおかしそうなそぶりはありませんか?猫の粗相があったときには、体調の心配も含めて、数日間じっくり様子を見てあげるようにしてくださいね。

多頭飼いをしてるとなぜ粗相が多いの?

猫を多頭飼いしているとそのうちの1匹が粗相をするという事がよくあります。これは猫の力関係が絡んでいます。

猫は単独行動をする動物なので犬のようにリーダーなどはいません。しかしながら多頭飼いをしていると力関係が生じるケースは意外に多いのです。

例えば力関係が上の猫は他の猫よりも高い場所を陣取ったり、他の猫のお気に入りの場所を奪ったり、あるいはフードなんかも他の猫が食べてようが割り込んできて自分が先に食べたりします。

トイレに関しても同じです。力関係が下の猫がトイレで用を足している最中でも構わすに邪魔をする事があります。

我が家でも体格の良い猫が他の猫を圧倒する事があるのですが、様々な場面で他の猫の邪魔をしています。もちろんトイレの最中でも遠慮なくちょっかいを出したりして邪魔をするのです。

このように多頭飼いをしていると猫同士の力関係によってはトイレを邪魔される事があるのです。

多頭飼いの場合にはトイレは必然的に共同で使用する事になるのですが、そこに力関係が絡んでくるとどうしても弱い立場の猫はトイレを使わせてもらえなくなるケースも出てきます。

そのような場合の対策としてはやはり十分な数のトイレを用意する事です。多頭飼いの場合には最低でも猫の頭数より一つ多めにトイレを用意してあげる事が望ましいのです。

 

 

粗相をした時の対策について!掃除のコツは?

猫が粗相したときには、まずしっかりと臭いを取らなければなりません。猫は自分の排泄物の臭いがするところをトイレと認識して、再び同じ場所で粗相をしてしまうことがあるからです。

洗えるものはすぐに洗うようにしてください。フローリングなどの板張りのところでしたら、すぐにお湯などで拭いて、除菌シートや消臭剤で臭いを徹底的にとりましょう。

カーペットなどの洗えないものの場合も、お湯で濡らして固く絞った雑巾などでしっかり汚れを拭き、そのあと消臭するようにしましょう。消臭剤を使うときには、市販のファブリーズといったものは避けましょう。

化学香料やアロマオイルなど、猫にとっては毒になることがあります。クエン酸やお酢を薄めたものが臭い消しには効果的なので、消臭用に作っておくと便利ですよ。

値段は高いけど効果は抜群!猫のおしっこの臭いを瞬間消臭するカンファペット!その恐るべき実力とは?

猫がトイレでおしっこをしない時は怒るべきなの?

お布団やカーペットなど、簡単に洗えないものに粗相されたら、イラッとしてついつい怒鳴ってしまいがち。でも、それは逆効果です。

猫が粗相をしたときには、絶対に怒ってはいけません。粗相しそうなタイミングで気づけばトイレに連れていけますが、たいていの場合はされたあとに気づくもの。

してしまったあとに猫を叱っても猫はよくわからなくて戸惑うばかりです。決して怒らずに片づけるようにして、そのあともいつもどおり接しましょう。

布団に粗相をされない為の対策は?

実はお布団は猫に粗相されやすい場所です。ふかふかして気持ちよく、ついついしてしまう猫ちゃんもいるようです。

猫に粗相されやすい場所は、猫にとって居心地のよい場所ということが案外あります。では猫ちゃんが布団に粗相するのを防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

一つは寝るとき以外は布団を敷かない、ということです。布団をあげておけば猫ちゃんが布団に近づく機会も減り、粗相もしにくくなるからです。でも寝るときには布団を敷くしかないですよね。

そんなときには、少しだけでいいので、お布団に柑橘系の香りをつけてみましょう。猫は柑橘系の匂いを嫌うので近寄らなくなるかもしれません。また、布団以外にも使える方法ですが、猫はエサ場には粗相をしないという習性があります。

我が家では寝る時間には猫を寝室に入れているので、エサを一緒に置いています。そのおかげもあってか、布団での粗相は家に来た頃の1回きりで以降はまったくありません。寝室や猫が粗相をしやすい場所にエサを置いてみるというのも一つの方法ですよ。

猫の粗相の対策!ストレスを解消してあげれば粗相は治るのか?

もし、猫ちゃんの粗相がストレスによるものなのだとしたら、丁寧なケアによって粗相が治まることは十分にありえます。

お留守番などでさみしくての粗相なら、家にいる時間にしっかり構ってやり、愛情を持って接するようにするのが有効です。ほかの猫との関係でストレスがかかっているなら、家の中の一部屋をその猫の専用にしてやりしばらく様子を見てみるのもよいかもしれません。

ワンルームなどで隔離が難しいならゲージを使って住処を分けてやる、という方法があります。トイレの環境自体がストレスの場合もありますね。トイレの大きさ、きれいさ、砂の種類、置いてある場所など、猫ちゃんがトイレをしにくそうにしていないかよく見てあげてください。

きれい好きな猫にとって、トイレの環境はかなり重要なポイントになります。こちらが思っている以上にストレスを感じていることもありますので、要注意ですよ。

それでも粗相が治らない時は?

ストレスの軽減などに努めても粗相が治らないときには、お医者さんに相談してみましょう。あまりに続くときには、体に何か異常があることも考えられます。

膀胱炎や尿路結石など、猫の病気が粗相の原因であることも少なくはありません。日頃留守がちなら、猫の排泄の様子にも気づきにくいこともあります。

あまりに粗相が続くなら、お医者さんに相談するのが一番です。また、飼い主だけでは見つけられないストレスの原因もお医者さんに相談することで見つかることもあります。

自分たちだけではどうしようもないときには、猫のプロフェッショナルであるお医者さんに相談するのが一番ですよ。

まとめ

猫の粗相についてお話ししてきました。何か解決の糸口になるようなことが見つかったでしょうか?猫を飼っている以上、ちょっとした粗相は絶対にないとは言い切れません。

猫を飼い始めたら、布団やカーペットは家で洗えるものにする、床の部屋で飼う、など掃除しやすい環境にしておくと、猫の粗相に対してもイライラせずに過ごせますよ。

人間でもだいぶ成長するまでおもらしなどの粗相はありますよね。猫も同じです。おおらかな気持ちで見守れるようにしたいですね。

また、粗相は猫の異変を伝えていると思いましょう。粗相があれば、じっくり様子を見守り、猫にとって何か重大なストレスがないか、など考えてあげてください。

 


スポンサーリンク