:2017/10/26  :2019/10/16

【凄技】猫を車の下から確実に追い出すには?猫をエンジンルームに入らせない方法とは?

野良猫が車の下で休んでいる姿は頻繁に見かけると思います。暑い夏は直射日光を避けるために車の下で休んだりします。また、雨の日などもよく車の下で雨宿りをしていますよね。冬になると走った直後の車の下で丸くなっていたりします。恐らく走ったばかりの車はまだ温かいので猫も暖をとるのにちょうど良いのだと思います。

でも時にはエンジンルームに潜り込む猫もいます。エンジンルームは車の下から潜り込めるのですが、狭い所が好きな猫にはうってつけの場所です。特に走った後の車のエンジンルームは温かいので寒い冬などは猫も大喜びです。

でも猫の存在に気付かずにエンジンを掛けるような事があってはいけません。今回は猫が車の下に潜ったり、エンジンルームに入ったりしない為の対策についてです。

スポンサーリンク

猫はなぜ車の下に入る?

猫はよく車の下に潜り込んでいますが、なぜ車の下に潜りこむのでしょうか?猫は元々狭い場所が好きなのです。

猫の祖先が狩猟していた頃は草むらなどに隠れて獲物を狙ったり、天敵から身を守るために狭い所に身を隠していたのですが、そういった習性が今の家猫にも引き継がれている為、猫は狭い所を好むのです。

家の中でも猫が狭い所に入る事はよくある事だと思いますが、車の下に潜るのも同じような理由です。外敵から姿を隠すわけではありませんが、狭くて暗い車の下は猫が好む絶好の場所なのです。

猫がエンジンルームに入る理由!

猫がエンジンルームに入るのも同じ理由です。狭くて暗い場所を好む猫はちょっとの隙間でも入っていきます。

車の下に潜っている時に上を見上げたら、なんだか暖かくてちょっとの隙間があったのでそのままエンジンルームに入ってしまう、と言った感じではないかと思います。因みにエンジンルームに入る猫の多くは子猫です。子猫は体が小さいのでほんのちょっとの隙間でも入っていきます。

また、成猫と比べて子猫は好奇心旺盛で興味の塊なのでどんな狭い所でも躊躇なく入っていきます。ですので、パーツが詰まったエンジンルームでもちょっとの隙間から入ってしまうのです。

猫がエンジンルームに入るのはやはり冬が圧倒的に多いのですが、冬以外でもエンジンルームに入る事があります。猫は落ち着く場所を見つけたら当分はそこで過ごしますので、一度エンジンルームに入ったらすぐには出ないでしょう。ですので、野良猫が多い地域では特に冬場は注意が必要です。

事故が起きないよう注意が必要ですが、一番大事なのは猫が車に近づかない事です。そんなうまい方法があればいいのですが、先ずは猫を車の下やエンジンルームから追い出す方法を見ていきたいと思います。

車の下やエンジンルームから猫を追い出す方法!

それでは先ずは車の下に潜り込んだ猫を追い出す方法からです。その前に猫が車の下に潜っている事は結構ありますが多くの人はいちいち車に乗る前に車の下を見る事はしないと思います。でも事故につながる事は多くはありません。その理由は猫は物音で逃げるからです。

車のドアを開けた音で逃げるケースもありますが、ほとんどの猫はエンジンを駆けたらびっくりして車の下から逃げていきます。それでも図太い神経の猫はその場を動かないかもしれないので確実なのは車に乗る前に車の下を目視して確認する事です。

もし猫が車の下にいたら霧吹きを使います。霧吹を霧状にして猫に吹きかければ一目散に逃げていきます。或は少し遠くからスプレー上にして猫に吹きかけても猫はびっくりして逃げていきます。猫は嫌な経験を覚えるのでその猫はもう車の下に来なくなる可能性もあります。

次はエンジンルームに入った場合ですが、「猫バンバン」というのをご存知でしょうか?これは寒い季節に猫がエンジンルームに入った事に気付かずに車を発車してしまうという事故を防ぐためにボンネットをバンバンと叩く事です。

こうする事でもしエンジンルームに猫がいたら鳴き声などで気づく事ができるのです。これは2015年の11月に日産自動車が公式ツイッターで呼びかけたのがきっかけで始まりました。

猫は物音などには敏感ですので、もしエンジンルームに入り込んだ時にボンネットをバンバン叩いたら鳴き声や気配で猫がいるか確認しやすいのです。

もし猫がエンジンルームにいたらクラクションを鳴らすなどして猫を自ら移動させます。ただし、一番確実なのはボンネットを開ける事です。

ただし、毎回開けるのはやはり面倒なのでボンネットをバンバン叩く事を習慣にしてみてはいかがでしょうか?

車に乗る前に最低限やるべき事とは?

もし野良猫があなたの車のエンジンルームに入ったら、そして知らずにエンジンをかけてしまったらどうなるのでしょうか?

猫がエンジンルームに入った状態で車のエンジンをかけても猫が無事なケースもあります。しかし、最悪な事が起きた場合にはどうなるでしょうか?

あなたは猫が可哀想で猫に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになるでしょう。

そして次に襲ってくるのは後悔の気持ちです。

『なぜ車に乗る前にエンジンルームをチェックしなかったのだろう・・・』、『猫バンバンをやっておけばよかった・・・』などの後悔の念で一杯になるでしょう。

あなたはショックで平常心を保てるようになるまで数日かかるでしょう。人によってはその経験が一生忘れられないトラウマのような出来事になる事もあります。

そうならない為にも車に乗る前には最低限のチェックは必要不可欠となります。つまり、車の下のチェックとエンジンルームのチェックです。

エンジンルームは猫バンバンである程度は防げると思いますが、かがみこんで車の下をチェックするのは体勢的にも辛いものがありますし、実際かなり面倒です。

他にいい方法はないのでしょうか?

猫を車に近寄らせない方法は?

ここまでは猫を車の下から追い出す方法やエンジンルームに入り込んだ猫を退散させる方法でしたが、究極は猫が車に近づかないようにする事です。

猫が車に一切近付か無くなれば一番安心ですが、そんな事が出来るのでしょうか?

実は猫を近寄らせない為の方法はいろいろあります。ペットボトルを置く、お酢を撒く、忌避剤を撒く等、いろいろありますが、効果についてもピンキリです。

中には全く効果がない物や、効果が多少はあるけど対策が面倒なケースなど、どれもパッとしない方法ばかりです。

そんな中で唯一効果が期待できる方法があるのです。その方法を使えばかなり高い確率で野良猫を車に近寄らせない事が出来るのです。

その究極の方法とは超音波対策です。超音波対策とは猫に聞こえて人間には聞こえない周波数帯の音で猫を撃退するソリューションです。

猫の聴覚は人間の10倍から20倍なのですが、その耳の良さを利用した商品なのです。

猫は音に敏感で大きな音を嫌う傾向にあるのですが、超音波であれば人間には聞こえませんが、猫にとっては大音量で近づきがたくなるのです。

もちろんセンサー付きなので猫が近寄った時だけ作動します。そんな超音波対策の製品ですが、楽天やアマゾンで安く売ってますが、安いものはあまり効果が期待できません。

 

そんな中で一つだけおすすめできる商品があります。その商品とは『番人くん』です。

『番人くん』をおすすめする理由とは?

数ある超音波対策商品の中で『番人くん』をおすすめする理由は幾つもあります。その理由とは以下の通りです。

  • 購入者の87%が満足している
  • 超音波の効果範囲が広い
  • 電池で動くので電源は必要なし
  • 設置したら後は放置!シンプルで効果も抜群!
  • 効果が無かったら全額返金

それでは一つづつ見ていきましょう。

購入者の87%が満足している
『番人くん』の購入者からのフィードバックによると設置してから半年以内に効果が出た方が購入者全体の87%となっています。中には設置した翌日から効果が出たという報告もあります。

超音波の効果範囲が広い
『番人くん』の超音波の効果範囲は距離が6m~mで角度が80度なので大抵のお庭には有効です。もしあなたの家の庭がかなり広いという事であれば『番人くん』を複数個用意すればOKです。

電池で動くので電源は必要なし
『番人くん』は単3電池2本で動くので電源がない場所でも安心して使えます。もちろん一度設置したら電源はずっとオンのままでOKです。

設置したら後は放置!シンプルで効果も抜群!
『番人くん』の設定はとても簡単で1分で完了します。商品が届いたら箱から取り出して電池を入れます。その後は周波数と感度を調整したら完了です。あとはお庭に設置するだけです。野良猫の被害がある場所に向けるように設置しましょう。

効果が無かったら全額返金
『番人くん』は相当な自信作のようで効果がなかった場合には全額返金補償が付いています。普通はここまでの保障はないと思いますが、ここまでの保障をするのは相当な自信の表れだと思います。

公式サイトはこちら ⇒ 置くだけ簡単!猫被害ストップ!【猫よけグッズの番人くん】

『番人くん』のデメリットは?効果がないという話もあるようだけど?

実は『番人くん』の購入者のうち13%は効果が確認できなかったと報告しています。これはどういう事なのでしょうか?

一部の猫には効果がないという事なのでしょうか?この件について色々と確認してみましたが、2つの理由が考えられます。

一つは敷地が広くて『番人くん』が一つでは足りなかったケースです。設置場所の敷地が広い場合には一つだと足りないケースも出てきます。

敷地が広い場合には死角が出る可能性もあるので敷地の広さに見合った数だけ『番人くん』を用意する必要があります。

もう一つの理由は設置場所がいまいち適切ではなかった場合です。

『番人くん』の超音波が届く範囲は距離にして6m~7m、角度は80度なので、設置する時のちょっとした向きなどを微調整する事で効果が表れる事が期待出来ます。

あとは『番人くん』の目の前に障害物などがある場合にも効果がでないので、植物などが目の前にある場所は避けて見通しの良い場所に設置しましょう。

そうする事で『番人くん』の本来の効果が期待できます。

もしそれでも効果が出なかった時は購入後90日間は何度でもメールで専用のサポートに問い合わせが出来ますので、設置に関して色々とアドバイスを受ける事も出来ます。

最悪それでも効果が出なかった時には最終的に全額返金してもらえますので、ある意味ノーリスクで『番人くん』を試す事が出来ます。

公式サイトはこちら ⇒ 置くだけ簡単!猫被害ストップ!【猫よけグッズの番人くん】

『番人くん』の効果が表れるまでに時間がかかる場合もあるの?

猫は縄張りに対して強い於執着心がありますのでちょっとくらいでは縄張りをあきらめません。確かに『番人くん』は野良猫に対して絶大な効果を発揮しますが猫も必死です。

猫が縄張りをあきらめるという事は食料を確保できるエリアを放棄するのと同じです。

食料を確保できるエリアを放棄するという事は猫にとっては死活問題ですので、猫が縄張りをあきらめるのは相当な事なのです。

でも『番人くん』を使えば例え野良猫があなたの家の庭やガレージを縄張りにしていたとしてもあきらめざるを得なくまります。

『番人くん』に撃退された猫はしばらくしてからまたあなたの庭やガレージにやって来るでしょう。でも来るたびに『番人くん』に撃退されて退散します。

そしてまたほとぼりが冷めた頃にやって来ますが、またもや『番人くん』に撃退されます。

そんなこんなを繰り返すうちに野良猫はあなたの庭やガレージに来なくなるのです。つまり、最終的には縄張りを放棄するので来なくなるのです。

他の猫にしてみても同じです。新顔の猫がやってきても『番人くん』によって撃退されるので、あなたの家の敷地は猫のテリトリーから外れるのです。

『番人くん』の効果は絶大なのですが、やはり猫の縄張りに対する執着心の強さによっては効果が表れるまでに多少の時間が掛かるケースもあるようです。

置くだけ簡単!野良猫被害ストップ野良猫対策は番人くんにお任せ!

まとめ

車の下やエンジンルームに入り込んだ猫が悲惨な事故を起こさない為にも対策はしっかりとしておきたいですね。猫をうまく退散させることも大事ですが、一番理想なのは猫が車に近寄らない事です。

猫が車に近寄らなければ追い払う必要もありません。その最も有効とされているのが超音波対策で、その中でも人気があり信頼性が高いのが『番人くん』です。

猫は通年を通して車の下に潜ります。エンジンルームへの侵入は冬場が多いです。もちろん冬以外でもあります。つまり1年のどの時期であっても対策すべきタイミングなのです。

猫がエンジンルームに入ったまま車のエンジンをかけてしまった場合、不幸な思いをするのは猫ばかりではありません。あなたの精神的ショックは計り知れないものとなるでしょう。そうならない為にもできる対策は取っておきたいですね。


スポンサーリンク