:2018/05/27  :2019/03/20

猫の保険は多頭飼いだと安くなる?多頭飼いこそ保険に入るべき理由とは?

猫は犬と比べて散歩などの必要がなく留守番をさせても比較的寂しがらずに待っていてくれます。また、トイレ教育も楽で直ぐに自分のトイレを覚えてくれます。このように猫はペットとしては比較的飼いやすい動物なのです。その為か、2匹以上の多頭飼いをしているオーナーさんも意外に多い状況です。

でも多頭飼いをしているとそれなりに費用も掛かりますが、最も費用が掛かるのは医療費ではないかと思います。

完全室内飼いの猫は病気をしないと考えているオーナーさんも多いのですが、例え完全室内飼いでも病気になったり怪我をする事もあります。

んな時に頼りになるのが猫の保険なのですが、仮に保険に加入していなかったら医療費がバカになりません。

ちょっとした診療でも数千円、レントゲンやら点滴をした場合には軽く1万円を超えますし、ましてや通院になったら1週間で数万円が飛んでいきます。しかも多頭飼いの場合にはそれが掛け算になるのです。

でも保険に入っていればある程度は保証されるので多少の安心感はあります。でも多頭飼いで保険に入ると費用も頭数分になるので毎月の出費が気になりますよね?

でも多頭飼いをしているのであれば絶対に保険に入るべきなのです。今回は多頭飼いの場合の猫の保険について色々とお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

猫の多頭飼い!保険に絶対入るべき理由とは?

先ず猫の保険ですが、これは絶対に入った方がいいです。家猫だから病気にならないと思ったら大間違いです。

猫は完全室内飼いでも病気になる時はなりますし、室内で遊んでいて怪我をする可能性も否定できません。

確かに病気をせずにシニアになる猫もいますが、シニアになる頃から病気のリスクは高くなっていきます。

それに今は多くのオーナーさんが去勢/避妊手術をすると思いますが、去勢/避妊手術をすると太りやすくなるケースも多いのです。

十分に食料を摂取できなくて常にお腹を空かせている野良猫と比べると、飼い猫は三食昼寝付きの生活が保障されているので、太る猫はどんどん太ります。そうなると病気のリスクも高くなります。

病気のリスクが高まるとシニアになってから色々と病気が出てくる可能性があります。ですので、若い時に病気一つしないからと言って油断してはダメなのです。

一方で多頭飼いの場合はどうなのでしょうか?ハッキリ言って多頭飼いの場合には飼育費用がかさみますが、だからと言って保険に入らないという選択はするべきではありません。

不幸にも重い病気にってしまった時にあなたと愛猫を助けてくれるのは保険です。お金持ちであれば問題ありませんが、大抵の家庭の場合には動物病院の医療費はかなりの負担になるはずです。

医療費が払えないからと言って治療を諦めたらあなたは一生後悔する事になるかもしれません。ですので、多頭飼いをしているからこそ保険には入るべきなのです。

猫の保険!多頭飼いの場合の費用は安くなるの?

それでは多頭飼いの場合には保険料は安くなるのでしょうか?多頭割引については保険会社によっても色々と条件が違います。

例えば1匹増える毎に割引額が増えたり、あるいは3匹までは5%引きで4匹以上の場合には更なる割引になる、と言ったように保険会社によっても条件が違ってきます。

また、1匹目が既に保険加入している場合に新たに2匹目を加入させる場合も多頭割引が適用されるのは2匹目からであったり、すでに加入している1匹目も次の更新のタイミングで割引が適用される等、保険会社によっても様々な条件があるのです。

ですので多頭飼いをしている場合に猫の保険を検討するのであれば通常のプランの比較以外に多頭割引の条件なども一緒に見ておいた方がいいですね。

また、今は1匹だけだとしても将来多頭飼いを検討しているのであれば、多頭割引きを実施している保険会社を検討しておくのも得策かと思います。

猫の保険!多頭飼いの場合は費用はいくら位安くなるの?

それでは多頭割引が適用された場合には一体どの位の金額が割り引されるのでしょうか?これは正直言うとそんなに高額な金額が割引されるわけではありません。

例えばある保険会社では1匹ごとに900円の割引がされますので例えば3匹の場合には年間で2700円の割引となります。正直言うと年間ベースではそんなにインパクトがある金額ではないと思います。

でも考えて下さい!

保険は長い年月をベースに考えるべきです。これが例えば10年で考えた場合には27,000円になるのです。また、15年の場合には40,500円となりますのでちりも積もれば山となるのです。

また、保険を選ぶ時にはあなた自身が納得しなければなりません。たしかにインターネットで検索すると便利な比較表などと共に保険会社を紹介しているサイトなども見受けられますが、そのようなサイトは参考程度にとどめておくのが良いと思います。

猫の保険の資料請求は必要か?なぜスマホで保険を検討してはダメなの?

やはりあなたの大事な愛猫の重要な補償に関する事なので、あなた自身がしっかりと内容を把握した上であなたの愛猫に最適な保険のプランを選択してあげましょう。

まとめ

猫の保険は重要です。確かに病気一つしないで健康なままシニアになる猫もいます。でも、どんな猫で最後の時を迎える場合には何らかの形で動物病院のお世話になると考えた方がいいでしょう。

その時に治療費が高額なあまり何もできなかったとしたら一生の後悔になること間違いありません。最後の最後に満足の行く治療をしてあげられなかったら間違いなく悔いが残ると思います。

そんな悔しい思いをしない為にも猫の保険は必要なのです。

猫の保険はシニアになる前に加入しておく事をおすすめします。保険はたくさんの会社が独自色を打ち出しているので選択するのは大変だと思いますが、愛猫の為にもしっかりと選んであげて下さいね。


スポンサーリンク