:2017/07/04  :2019/03/20

猫の自動給餌器!2匹以上の多頭飼いでも使える驚きの方法とは?

世の中には便利な猫グッズがたくさんあります。掃除の手間を大幅に減らす事が出来るシステムトイレや全自動トイレ、また夏を快適に過ごせる「ひんやりマット」や寒い冬でも温かく過ごせる猫用の暖房マット等、あるいはフィルターを通して新鮮な水がいつでも飲める自動給水器等、猫と飼い主がハッピーになれるような便利グッズがたくさんあります。

今回お話しする自動給餌器もその一つです。自動給餌器は一人暮らしや共働きで家を留守にしがちな方に役立ちますが、それ以外でも猫の食事の管理に役立ちます。

また、多頭飼いでは使えないと言われている自動給餌器ですが、実はひと工夫すれば多頭飼いでも使える方法があるのですが、その驚くべき方法とはどんな方法なのでしょうか?

この記事を読めば猫の自動給餌器によってあなた自身の生活品質が向上する為の方法を知る事が出来ます。

また多頭飼いでは使えないと言われている自動給餌器の驚くべき使い方についても説明します。もちろん多頭飼いで自動給餌器を使いつつもそれぞれの猫に決まった分量のフードを与える事が出来る方法です。

更には自動給餌器があれば旅行を楽しむ事も出来ます。今回はそんな自動給餌器の可能性を最大限に引き出す為の使い方についてのお話です。

スポンサーリンク

猫の自動給餌器(餌やり器)とは?

自動給餌器とはその名の通り自動で餌を与えてくれる機械です。仕組みは簡単であらかじめ本体のタンクにフードを入れておき、設定した時間になったら一定量のフードが受け皿に排出されるといった仕組みです。

タイマー設定ができるので、フードを与える手間が削減できるだけでなく、急用で帰宅が遅くなっても安心です。

また、決まった分量が排出されるので、一日に食べるフードの量を完全にコントロールできるので、猫の食事管理にも一役買ってくれます。

自動給餌器のメリットとデメリットについて!

そんな便利な自動給餌器ですが、メリットだけではなくデメリットもありますので、それぞれ見ていきたいと思います。

メリット

・飼い主のフードを与える手間が削減できる
愛猫にフードを与えるのが手間なわけではありませんが、朝の忙しい時などは役に立ちます。休日にのんびり寝たい時などにもいいですね!

・決まった時間に決まった分量のフードを与えられる
これは猫の食事管理にも大変役立ちます。体重管理に一役買いますし、毎日決まった時間にフードを与えられるのは規則正しい食事時間の面でもメリットとなります。

・毎回風味のあるフードを与えることができる
飼い主さんによっては朝の時点で一日分のフードをお皿に入れて、あとは放置するケースもあるかと思います。

そうなるとフードの風味がだんだんと落ちてきて、やがてはそのフードを嫌いになるケースもあるかもしれません。

自動給餌器を使えば毎回風味たっぷりのフードを与えることができますので猫のフード嫌いを防ぐことができますし、猫にとっても毎回食事の時間が楽しみになります。

フードはタンクに入れるのですが、コツとしてはタンクの半分位までフードを入れる事です、そうする事で酸化が進む前に食べきってしまう事が出来ます。

・外出や旅行などでも安心できる
自動給餌器があれば外出で帰宅が遅くなる際や急な残業で深夜帰宅になっても大丈夫です。また、12日程度のちょっとした旅行なら自動給餌器があれば猫の食事も心配いりません。自動給水器と一緒に使えばさらに安心ですね!

猫に自動給水器はおすすめか?メリットとデメリットについて!

デメリット

デメリットはあまり考えられませんが、一応考え付く限り挙げてみました。

・ドライフード専用
ほとんどの製品がドライフード(カリカリ)専用でウエットフードには対応していない。

・機械音がする
フードが出てくるときにモーターが回るような音がするタイプの場合は猫がびっくりする事がある。ただし、慣れればそれがご飯の合図にもなりますね!

・高価
基本的には高価です。安いものでは五千円前後の物もありますが、高いものでは四万円弱とかなり高価となっています。

・多頭飼いの場合は管理が難しい
2匹以上の多頭飼いの場合は力関係が上の猫ばかりがフードを食べる事になるので、例え1回の給与量が管理されていても均等にフードを与える事が難しい。

猫の自動給餌器!2匹以上の多頭飼いでも使えるの

自動給餌器は確かに便利なのですが、唯一の弱点は多頭飼いの場合です。自動給水器であれば多頭飼いでも問題ありませんが、自動給餌器の場合はそうはいきません。

例えば猫が2匹いる場合に1回の給与量を猫2匹分に設定したとします。その場合、2匹の猫が仲良く半分ずつフードを食べてくれればいいのですが、そう簡単にはいきません。

大抵は力関係の強い猫が先に食べ始めます。下手をすると全部食べられてしまう可能性もあります。

また、猫の体格が違う場合も1回の食べる量が猫によって違うので、飼い主であるあなたの思惑通りの分量を食べてくれるわけではありません。

それならば自動給餌器を2台用意したらどうかと言いますと、結局は力関係の強い猫が自分のフードを食べ終わった後にもう1台の自動給餌器のフードも食べてしまうでしょう。

このように多頭飼いの場合は飼い主であるあなたが管理せざるを得ないのです。

でも多頭飼いでも自動給餌器が絶対に使えないわけでもありません。

2匹以上の多頭飼いで自動給餌器を活用する驚きの方法とは!

もし、どうしても多頭飼いで自動給餌器を使いたい場合は空間を仕切るしかありません。一つの空間に猫一匹と自動給餌器を1台、そして猫が他の空間に移動できないように仕切るのです。

部屋で仕切るかケージ等で仕切るか、いくつか方法はあると思います。部屋がいくつかある場合は各部屋に自動給餌器と水とトイレを準備すれば対応可能ですね。部屋数がない場合にはケージかあるいは猫が飛び越えられないような間仕切り等を使って空間を分けます。

ポイントは一つの空間に猫1匹と自動給餌器と水とトイレを設置する事です。できれば、きれい好きな愛猫の為に自動給餌器とトイレは少し離した方がいいでしょう。

の方法であれば、例えば旅行に行く時などでもペットホテルに預けたり、ペットシッターさんを呼ばなくても対応が可能です。

猫は環境の変化でストレスを受けるのでペットホテルに預ける事に抵抗を感じるオーナーさんは多いと聞きます。ペットホテルと言っても所詮はケージに入れるだけですからね。

また、ペットシッターさんの場合、他人を家に入れる事にどうしても抵抗を感じるオーナーさんも多いでしょう。そんな時にこの方法であれば全てがうまく行きます。あなたにとっても愛猫にとってもベストな選択となります。

普段からこの方法にすると猫同士が離れてしまうのですが、旅行の時などに限定した使い方もありかもしれませんね!1泊2日程度の旅行であればこの方法で全然OKです。

この方法は旅行の時以外でも使えます。例えばあなたが仕事で日中家を空ける時などはこの方法であればすべての猫に決められた分量のフードを与える事が出来ます。

確かに日中は猫同士が離れてしまいますが、あなたが帰宅した後に開放してあげれば猫同士で触れ合う事も出来ます。

それに猫は群れでは行動せず、単独で行動する動物なので別々の空間で過ごす事に何ら問題はありません。

この方法ならば多少はコストはかかりますが、多頭飼いでも自動給餌器を使う事が出来ます。しかも、今まであきらめていた旅行を楽しむ事も出来ます!

気を付けないといけないのは部屋の温度です。夏の暑い日や冬の寒い日などの温度管理は必須となります。

後は猫をたくさん飼っている場合には空間的にもコスト的にも厳しくなりますが、猫が2匹か3匹であればこの方法は使えると思いますよ。

でもコストが多少かかるとしても、あなたが得られる時間的自由を考えたら、そのコスト分以上の価値を手にできると思いますよ!

留守や旅行の時にペットホテルやペットシッターを使いたくない時の解決策として!

今回ご紹介した方法であれば多頭飼いでも自動給餌器を使う事が出来ます。

猫を飼っている多くの方が旅行などに出かける時に考える方法としてはペットホテルとペットシッターです。

確かにペットホテルやペットシッターは便利かもしれません。でも猫は環境の変化にストレスを感じるので例え一泊でもペットホテルに預けたら強いストレスを受けるでしょう。

ペットホテルと言っても殆どの時間はケージに閉じ込められるのでストレスも相当受けるはずです。

ですので緊急な用事でやむを得ない場合でない限りペットホテルは使いたくないというオーナーさんも多いようですね。

もう一つの方法であるペットシッターであれば環境の変化がないので愛猫のストレスは最小限に食い止める事が出来ます。

たしかに知らない人が世話をしに来ることで多少の違和感を感じるかもしれませんが、ペットホテルよりはずっとマシなはずです。

でもペットシッターは知らない人に鍵を預けて自宅で猫の世話をしてもらうのですが、中には鍵を預ける事に抵抗を感じるオーナーさんも多いようですね。

また、留守中に家の中に入られる事に抵抗を感じるオーナーさんも少なくありません。

つまりあなたのようにペットホテルやペットシッター等のサービスを安心して使えないオーナーさんは意外に多いのですが、そんなオーナーさんのためにも今回ご紹介した方法がお役に立てるのではないかと思います。

自動給餌器を購入するタイミングは?

今回ご紹介した方法であれば一泊二日程度であれば家を空けても大丈夫なのですが、もし旅行などを計画していて、更に今回ご紹介した方法で対応する事を検討しているのであれば、自動給餌器は旅行直前に買う事はおすすめしません。

出来る事なら少し早めに購入し、自動給餌器に愛猫を慣れさせるべきだと思います。猫にしてみれば見慣れないものが急に目の前に置かれるわけなので、びっくりしたり怖がったりしない為にも少し慣れさせておいた方がより確実だと思います。

旅行直前に自動給餌器を購入したものの、愛猫が警戒して近寄らなくなっても困ると思うので、ある程度慣れさせるためにも購入を考えているのであれば予定よりも早く購入するのがベストだと思います。

猫の自動給餌器のおすすめは?

自動給餌器は多頭飼いの場合でも先ほどご紹介した方法であれば使う事が出来ます。もちろん一匹飼いの場合でもその力を存分に発揮できます。

自動給餌器にはたくさんの種類があり、値段もピンキリなのですが、その中でも人気があるのはやはり「カリカリマシーン」と「カリカリマシーンSP」でしょう。

・カリカリマシーン
カリカリマシーンは楽天やアマゾンの「食器・給水器・給餌器」部門でランキング1位となった商品です。特徴は以下の通りです。

・タイマー給餌設定で1日4回まで10g単位で10段階(100gまで)の設定が可能
4.3リットルの大容量タンク
・電池とコンセントの両方が使える
・飼い主さんの声を録音して給餌ができる
・いたずら防止!上蓋にロックを付けて転倒しても安心
・フードトレイはフック嵌め込み式で猫がいたずらしても外れません
・赤外線センサーで過剰な給餌を防止、タンクのフードが空になったらお知らせ
・問題を検知したら自動でモーターを停止
・タンクやフードトレイは取り外して水洗いが可能



カリカリマシーンはシンプルな操作性で設定も簡単なことで評判です。また、見た目のデザインもシンプルで清潔感がありますので、部屋の片隅に置いてあってもお洒落な感じです。 

 

・カリカリマシーンSP
次にご紹介するのはカリカリマシーンSPです。カリカリマシーンSPは先ほどご紹介したカリカリマシーンを更にインテリジェンスにした機器で、カリカリマシーンの機能以外にスマホアプリでの給餌操作やカメラ機能がついています。主な特徴は以下の通りです。

・タイマー給餌設定で1日4回まで10g単位で10段階(100gまで)の設定が可能
4.3リットルの大容量タンク
・電池とコンセントの両方が使える
・飼い主さんの声を録音して給餌ができる
・いたずら防止!上蓋にロックを付けて転倒しても安心
・フードトレイはフック嵌め込み式でネコがいたずらしても外れません
・赤外線センサーで過剰な給餌を防止、タンクのフードが空になったらお知らせ
・問題を検知したら自動でモーターを停止
・タンクやフードトレイは取り外して水洗いが可能
・アプリで設定した時間に給餌されるとスマホに通知が届きます
・カメラがついているのでフードを食べている様子がスマホ画面から確認できます
・スマホからリアルタイムでの会話ができます
・スマホからリアルタイムでカメラ映像を録画できます
・外出先からもスマホアプリで給餌ができます

 

カリカリマシーンSPはカリカリマシーンの機能に加えてスマホを使った便利な機能が付加されています。カリカリマシーンだけでも十分なのですが、更に一歩上の機能を望む方には最適です。

特にカリカリマシーンSPはカメラ機能がついていますので、 外出先から家の中の様子がうかがえるのは安心ですね! 

例えば旅行などに行く場合でも旅行先から愛猫の様子がうかがえるのはとても安心できる事だと思います。

 

まとめ

自動給餌器は猫の食事の管理だけでなく、飼い主さんのワークライフバランスの向上にも一役買います。仕事や趣味などアクティブに活動する際に帰宅が遅くなったり、ちょっとした旅行に行く場合でも自動給餌器があるのとないのでは雲泥の差が出ます。

キャットロボットオープンエアー!猫の最新の自動トイレは役に立つのか?

多頭飼いで自動給餌器を使う事をあきらめていたあなたも今回ご紹介した方法であれば自動給餌器の機能をフルに使う事が出来ます。旅行の時に限定してもいいですし、もちろん普段使う事も出来ます。

なによりもうれしいのは自動給餌器のおかげで、あなたの自由な時間が捻出できることです。その時間を使ってあなたはより価値の高い事に専念できるのです。その結果、あなたの生活の品質も向上するでしょう。

あなたも自動給餌器を手に入れてワークライフバランスの向上を目指してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク